Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]突然高熱と悪寒、「髄膜炎の症状」疑ってみなけれ

/
/
/
髄膜炎は、激しい悪寒と発熱、頭痛などを伴う▲出処= Flickrの

脳は薄い膜で囲まれている。 ヌェスマクは最も深いところを包んでいる軟質膜とその外脳脊髄液空間を含んでいるクモ膜、最も厚く歯ごたえながら外側から脳と脊髄を保護する硬質膜で構成されている。

髄膜炎は、クモ膜と軟質膜との間の空間に表示される脳の炎症をいう▲ソース=ピクサーベイ

髄膜炎は、一般的にクモ膜と軟質膜との間の空間で表示される炎症をいう。 このような炎症が発生する最も大きな要因は、この部分に、ウイ​​ルスや細菌が生じるためでもある。 しかし、特定の化学物質やその他の物質による感染のために起こることもある。

ひどい風邪と混乱することができます髄膜炎

髄膜炎の症状が怖い理由は、ひどい風邪と非常に似ているからである。 髄膜炎の症状は、熱、悪寒、頭痛などが現れる症状は突然始まり、38度以上の高熱を伴う。 激しい頭痛に「頭が割れるように痛い」という言葉が出てくるほどだ。 このような高熱や悪寒は胸膜炎や尿路感染症などの他の炎症性疾患と似ていて注意して見守る必要がある。

髄膜炎は、他の疾患と同様の様相を示すため、正確な診断が必要である▲出処=ウィキメディア

髄膜炎は、このように初期症状が他の疾患と似て正確な診断が難しい。 特に細菌感染によって発生する場合には、24時間以内に命を失うことになることもある。 特に成人髄膜炎の症状に比べて幼児や青少年髄膜炎の症状は、その波及効果が速く、特に乳幼児の場合には、初期に微熱で開始することから、風邪と誤認する場合が多く、さらに詳しく調べる必要がある。

髄膜炎と同様の部位に生じるヌェスマクジョンにも注意して調べる必要がある。 ヌェスマクジョンの場合、悪性腫瘍の可能性もあるが、この場合、簡単に対処するのが難しい。 ため脳脊髄液検査などを通じて、より確実に症状を判別して出すようにしなければならない。 脳腫瘍の初期症状も髄膜炎の症状と非常に似たような傾向がある。 これも初期の検査で判別して出すようにする必要があります。

ウイルス髄膜炎より危険なのは、細菌性髄膜炎である▲出処=ウィキメディア

髄膜炎は、一般的にエンテロウイルスという章ウイルスによって発生する。 この場合、ウイルス髄膜炎で高熱、悪寒、肩こりなどに困難を経験する。 しかし、ウイルス性髄膜炎の場合、大人は1週間から2週間ほど休息と薬物治療を並行すると自然に好転される場合が多い。

ところが、ウイルス髄膜炎に比べて細菌髄膜炎は、かなり予後が良くない。 細菌性髄膜炎は、肺炎球菌、髄膜炎菌などをはじめ、B型ヘモピルルス菌などがある。 このうち、肺炎球菌と髄膜炎菌は、予防接種を介して防ぐことができているが、このような細菌髄膜炎の場合には、発症した後、短い時間以内に死亡に至ることができて非常に致命的な病気とすることができる。

髄膜炎を避けるために、予防接種が必要

髄膜炎菌髄膜炎の発症と、10人に1人が死亡し、生存しても5人に1人四肢切断、難聴、脳損傷などの深刻な後遺症を経る。 髄膜炎菌性髄膜炎は、伝染性があるので、患者隔離が必要であり、接触した患者や医療関係者は、予防的治療と清潔に励むことが重要である。

髄膜炎を防ぐ最も効果的な方法は、予防接種である▲出処=ピクサーベイ

髄膜炎、特に髄膜炎菌などの細菌性髄膜炎を予防する方法は、ワクチンである。 予防接種を介して髄膜炎菌や各種細菌髄膜炎を防ぐことができる。 乳幼児の場合は必須予防接種に指定された肺炎球菌/髄膜炎接種がある。 思春期前に髄膜炎菌髄膜炎の予防接種を事前に迎えておくことが大きな助けになることができる。


This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!