Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]続く冬の寒波に「呼吸器疾患」注意報

/
/
/
▲ソース= Flickrの

最近持続する寒波に呼吸器疾患の患者が増えている。 冬場冷たい風と乾燥した空気は、鼻と喉の粘膜を刺激して気管支や肺疾患を誘発し、呼吸困難が起こることもある。

これが正しく対処をしていない場合は、風邪や気管支炎はもちろんひどい場合、慢性閉塞性肺疾患、気管支拡張症などが起こることがあるので注意が必要である。

冬微細粉塵喘息を誘発することもでき、

喘息は、気管支が狭くなり、咳を誘発する。 冷たい風をはじめとする有害な粉塵、ガス等より苦痛を感じさせる疾患である。

冷たい風と乾燥した空気に加えて、冬から春まで猛威を振るう微細粉塵も喘息の危険性を高める。

直径10㎛以下の目に見えない小さなホコリを意味する微細粉塵は気管支を経て私たちの体にそのまま蓄積迷惑な存在だ。 これは呼吸器はもちろん、他の他の季節の疾患の重要な原因となっている。

ため天気がとても寒かったり微細粉塵がひどい場合、外出時に暖かい服と一緒にマスクを使用することが有用である。 マスクは、上記の問題を完全に対策はないがかなりの部分を軽減させ、健康に有用である。

痰は、呼吸器の警告状

これらの準備を怠った場合、体は警告を送る。 その最初のがまさに「痰」だ。

喀痰あるいは痰は唾液ではなく、機関過ぎ肺から出る分泌物に粘着沈着である。 肺の健康に問題がある場合、痰が多く生じることになる。 また、痰が発生した場合、体内の呼吸器をしっとり保つために邪魔になる異物が痰の中に閉じ込め体の外に出ていくことができなく肺の健康が悪化される。 肺が感染すると、体の沈着が生成され、咳と一緒に、これは体の外に出る。

私たちの体は、いくつかの理由痰を作る。 天気はもちろん喘息、アレルギー誘発物質、環境汚染、呼吸器感染症などが原因で痰が発生することもある。 気道炎症を起こす沈着生成が増加する。

健康状態が非常に悪くないとき痰は濃い緑である。 健康状態が徐々に良くなる痰の色薄くなる。 この色は、マイエルローファーキシデイズ(MPO)と呼ばれる酵素によって生成される。 呼吸器感染症かどうかに応じて、痰が黄色、灰色、さび色などを帯びることができる。

呼吸器は守るほど快適になり、

先に述べたように、冬季には冷たい風が呼吸器に触れないようにすることが重要である。 外出時のマスクを使って、スカーフや帽子などの風を防ぐことが有用である。

マスクはなるべく食品医薬品安全処の認証を受けた製品が有用である。 しかし、このような製品でも同じマスクを頻繁に使用することは禁物である。 必ず1〜2日程度使用して交換することが正しい。

また、呼吸器感染症が疑われる場合、すぐに診察を受けなければならない。 呼吸器感染症は非常に一般的な症状を示すので適時診断するのが難しい。 わずかな肺炎の場合、抗生物質、リラクゼーション、多くの水分摂取などで治療することができる。 軽度の呼吸器感染症の症状が出た場合、処方箋なしで購入できる鎮痛剤を服用して休息を取って十分な量の水を飲むとされる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!