Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]綿棒健康に何の助けない

/
/
/

米国コロンビアの全米小児病院の研究によると、毎年約1万2500人の米国の子供が綿棒による負傷で緊急治療室を訪問すると発表した。

研究者は、ほとんどの人が耳の内部を磨くために綿棒を使用しますが、実際に綿棒は耳の内部のクリーニングをためのものではないと指摘して綿棒のため怪我をするが、驚くほど痕と述べた。

全米小児病院小児耳鼻咽喉科首席研究員クリス者表示博士は「耳鼻咽喉科専門医として聞く2つの最も大きな誤解は、外耳道を家庭で磨かということと耳を拭くとき綿棒を使用する必要がある。 両方誤っ知識である。」と述べた。

また、「外耳道は、通常、独自の浄化作用をし、綿棒を使用して外耳道をきれいにすると耳垢が耳の中に押し出さ入るだけでなく、耳重傷を負わせる危険性が大きい」と説明した。

さて示し博士の研究チームは、263,000件以上のデータを収集して、1990年から2010年の間に18歳未満の子供が綿棒により傷を負った場合に研究した。 この事例のうち、約4分の3は、耳を拭くうとして発生した負傷だった。

また、綿棒による負傷のほとんどが、子供たちが一人で耳を改装が発生したが、16%は、親が耳を拭くジュダガ負傷が発生して緊急治療室を訪れた場合も多い。

さて示し博士は「負傷レベルは、ほとんどわずかですが、一部の患者は、鼓膜、グィピョまたは内耳の損傷を負ったひどい場合めまい、バランス感覚の喪失と永久的な聴力損失が発生することがある」と警告した。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!