Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]腰ディスクの破裂に起因する手術…症状と治療法

/
/
/
▲腰ディスクに苦しん受けた男性(出典= Flickrの)

腰ディスク、椎間板は脊椎骨の間で力を分散させるクッションの役割をする。 退行性変化によって椎間板の内部物質である髄核がこれをめぐる繊維輪をくぐって抜け神経を圧迫して痛みや神経症状を誘発する。

▲腰ディスクによるなどの痛み(出所=ピクサーベイ)

腰の椎間板疾患とは?

腰のディスクと脊椎骨の間のディスク、椎間板が出て神経を押して腰が痛くなったり、足がしびれる症状をいう。

▲などの痛みの原因(出所= Flickrの)

腰ディスクの原因は?

人が年齢を食べながら、体も年齢を食べる。 これは体の組織、臓器、筋肉、骨を含んでいる。 椎間板ヘルニアは、高齢化のために生じる一般的な問題の一つである。 また、重いものを持ち上げて横に置き換えようとすると過剰屈曲された状態で、押圧力と塩電力を受けて椎間板重亜硫酸の髄核は、もはや繊維輪に包まれていず、放射性亀裂の間に入り込ん出椎間板ヘルニアを誘発する。

▲腰ディスクの症状(出典=ウィキメディアコモンズ)

腰ディスクの症状は?

腰の椎間板疾患を患っている人は、特に座って曲がるときなどに痛みがあったり、足がしびれ長と膀胱が詰まった症状を示す。

腰のディスクは、男性と女性の両方に影響を及ぼし、20歳から50歳の間の人々に発症する。

▲バースト(出典=ピクサーベイ)

腰のディスクが破裂すると、どうなるのか?

脊椎のディスクが破裂すると、椎間板は、衝撃を吸収する役割を失い、気に圧力を誘発する。

▲腰のディスクの物理療法(出典=ケスラーエアフォースベース)

腰のディスク診断

椎間板ヘルニアの診断は診察と放射線検査を通って行うことができる。 椎間板ヘルニアを診断するための代表的な検査は、天井を見てまっすぐに横になった姿勢で膝を伸ばし、痛みが感じられる方の足をゆっくりと上げて股関節が90度になるまで上げる検査だ。

▲腰のディスクの手術は、人工椎間板を挿入するものである(出典=ピクサーベイ)

腰ディスクの治療法は?

椎間板ヘルニアの治療は保存的な方法と手術的な方法に分けることができる。 保存的療法では、▲絶対安静▲消炎鎮痛剤の服用▲骨盤牽引▲熱処理▲超音波治療▲ピア気電気刺激▲マッサージなどがある。 手術的療法は、保存的な治療を6〜12週間も効果がない耐えがたい痛みがあるか、ないで雨がもたらされ好転されないか行われている場合施行する。

腰のヘルニア手術はどのように進行されるか?

腰のディスクを治療するための外科的治療は、ディスクの損傷部位を除去して、古いディスクの代わりに人工椎間板を挿入するものである。 これにより、気に圧力が除去され、痛みの緩和に役立ちます。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!