Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]花粉育てるに患者の治療助ける

/
/
/
▲ソース=ピクサーベイ

米国ミズーリ州で開発された園芸プログラムが深刻な病気、発達障害や外傷の患者に、最近数年間大きな人気を集めている。

一植物園で運営するプログラムには、「感覚的な庭園」と呼ばれる治療セッションがあり、他に野外活動が提供されている。 訪問者は、花とハーブを見ながら匂いを嗅いだり触れることができる。

治療園芸講師のジェンカーボンの説明によると、「自然との接続は、治癒を提供する」。 治療園芸は、特殊な助けが必要な人のためだけでなく、すべての人が享受することができる。

同様に、米国園芸療法協会(American Horticultural Therapy Association)は、ウェブサイトを介して、「治療的園芸活動は古代から行われ、既に医療専門家の間で認められた」と紹介した。 事実庭園を育てる活動は、1940年代と50年代にかけて退役軍人を対象に実施された治療の一環であった。 それから園芸療法は、現在までに繁栄し続けている。

スーザンヤコブセンは肝臓がん患者である。 彼女は「園芸プログラムのおかげで、治療期間を耐えることができた」と述べた。 治療の植物は家で飼っていたハーブを思い出させる。 ヤコブセンは、このプログラムでは、多くの利点を得たと告白し、「治療されることが怖くない。 やるべきことではなく、楽しいことをした気分だ」と述べた。

また、他の患者であるトーマス・ブルックはリンパ腫で定期的に治療を受けている。 それにもかかわらず、彼は日々の花を見て喜びを感じる。 「ここに小さな喜びをもたらした。 神から与えられ、自然を見ることがあまりにも良い」と話した。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!