Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]認知症の初期症状は、業務ミスが増え…認知症に良い食べ物

/
/
/

認知症という言葉は、ラテン語から由来した言葉で精神がなくなったという意味を持っている。 生まれた時から知的能力が足りない場合に、精神遅滞と呼ぶのに対し、認知症は、正常に生活してきた人が、さまざまな理由で、脳の機能が損なわれるものである。 これにより、以前に比べて認知機能が持続的で、全体的に低下し、日常生活にかなりの支障が表示されている状態だ。

認知症

認知能力が衰えている様々な症状を説明するために使用される用語がすぐに認知症である。 この障害の最も一般的な影響は物忘れある。 認知症は、技術的に、様々な脳疾患を指す一般的な用語である。 これは記憶力、コミュニケーションに影響を及ぼし、老化の結果である。

認知症の段階

認知症の初期段階では、基礎的な日常生活が可能である。 業務的な部分では、目立つ症状が現れる。 運転中のミスをしたり、お金の管理をしていない。 認知症中期には、日常生活を一人で行うのは難しい。 薬を事前に用意するか、歯磨き粉、歯ブラシをあらかじめ準備してくれるとする。 初期認知症とは異なり、通信に障害が生じ始める。

認知症末期にはほとんどの日常生活を一人で行うことができず、すべての活動に依存しなければならない。 服を着て洗って横になって排泄することすら自ら行わない。 さらには、食べ物を口に入れて飲み込むことすらできない嚥下障害現象まで現れる。

認知症の原因

アルツハイマー病は、脳の神経細胞が時間の経過とともに死んでいく病気をひっくるめて指す言葉だ。 アルツハイマー病にかかった患者の大脳皮質では、脳の表面から内側にかけて萎縮が進行される。 アルツハイマー病の次に認知症を多く起こす脳疾患は、脳血管障害である。 脳血管障害には、脳出血と脳梗塞がある。 脳出血は出血が起こった部位に応じて脳内の出血とくも膜下出血に区分される。 脳内の出血は、高齢化、高血圧、動脈経過などにより脳内の血管が弱くなったり破損して起こる。

認知症の予防

アルツハイマー病の場合には、予防法がない。 脳血管障害で生じる血管性認知症は、着実に努力すればいくらでも防ぐことができる。 何よりも、喫煙、肥満、運動不足、高血圧、糖尿病、高脂血症、心臓病などの脳血管障害を引き起こす主な原因となりますので、普段のこれらうまく調節しなければならない。

認知症に良い食べ物

認知症を予防するには、葉野菜、アブラナ科植物、マメ科植物、果実をたくさん食べなければならない。 これらの食品を食べると認知力が向上し、認知症のリスクが減る。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!