Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]野外活動が多くの季節、ダニ注意報

/
/
/
▲写真出処:ピクサーベイ

ほとんどの人が屋外活動を歓迎するが、ともすれば虫に噛まれてもよい。 ほとんどの虫はピクニックで見るようになる厄介な存在程度とされるが何人かの虫に噛まれた場合のリスクがあります。

専門家は、暖かい冬と湿った春は、その年がダニの年になることを意味すると指摘した。 ダニは木と草緑豊かな場所で発見される。 本針ダニは2〜14日以内に、突然の発熱と頭痛を伴う発熱を移すことができる。 他の症状としては、吐き気、筋肉痛、食欲不振、発疹がある。 ダニはエールリッヒ症の主要な媒介としてかま後1〜2週間以内に発熱、頭痛、悪寒、および筋肉痛を起こす。

鹿や黒足のダニは、ライム病と砲山ウイルスを感染させることが知られている。 ライム病は、発熱、頭痛、疲労、皮膚の発疹などの症状があり、治療をしないと、関節、心臓や神経に感染することができる。 流行性出血熱もダニを介して感染する危険な病気である。 高熱を伴うこの病気は15%の致死率を持っているので、野外活動時袖の長い服を着て、あらかじめリ防止しなければならない。

ダニ駆除の方法は、毛抜きで可能な皮膚の近くでダニをスムーズに持ってまっすぐに引き抜く。 かまの部分はもちろん洗い、消毒した後、バンドを付ける。

ダニを避けるためには、野外活動時に長い服を着て薮や木が茂っところは避けて、道の中央に通い、ダニ忌避剤を使用する。 野外活動の後は、機器やペットを入念に確認して、暖かい水でシャワーをする。

蚊はマラリアと西ナイルウイルスと胎児の小頭症を引き起こすジカウイルスを感染させている。 多くの人が蚊の唾液がかゆみと腫れを起こすという事実を知らずにいる。

蚊退治のた​​めに蚊の繁殖地である故人の水を除去し、殺虫剤をかけたり、長い服を着るのが良い。 蚊は、夜明けや夕暮れに活動が多く、野外活動時明るい色の服を着て香水を避けるのが良い。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!