Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康] “10人のうち9人が死亡」生存率の低い膵臓癌、初期症状で早期診断がカギ

/
/
/

膵臓癌は、大腸癌に加えて、予後が良くない癌として知られている。 膵臓癌の生存率は、2014年基準10.1%で、患者10人のうち9人が死亡している致命的な疾患である。 生存率が低い病気ほど早期診断が重要膵臓癌の早期診断のためには何よりも膵臓癌の初期症状を知ることが肝要である。

膵臓癌の初期症状

膵臓癌は、膵臓の80%が損傷されるまでは、何の症状がなく、膵臓癌末期症状が出て取り組まなければ知るようになるのが特徴であるが、50歳以上の高年齢でありながら、急激な体重の減少、黄疸、消化不良、膵臓の位置腹部の痛み、膵臓癌などの痛み、糖尿病などが表示される場合、膵臓癌を疑ってみる必要がある。 また、ごくまれに発生することができる膵臓癌の症状である悪寒、頭痛、痙攣、下痢などの症状が現れた場合、精密検査を受けて見ることはよい。 膵臓癌は、喫煙者の場合、非喫煙者よりも2倍以上の発生率を示し、高脂肪高カロリー食品を多く摂取して肥満の場合、そうでない人に比べて1.5倍以上の発生率を示すので注意を要する。

膵臓癌の検査方法

腹部コンピュータ断層撮影(CT)は、超音波より効果的に膵臓癌を診断することができ、テスターに​​よるエラーが少なく病変を客観的に観察することができ、サイズが小さい癌発見可能な長所がある。

膵臓癌の治療方法

膵臓癌の治療に最も効果的なのは、膵臓癌である。 しかし、外科的切除が不可能な膵臓癌患者の軽油平均生存期間が約6ヶ月で、患者の症状を緩和させる治療に集中しなければならない。 手術的治療が可能な患者は、手術後の化学療法を並行する。

膵臓癌に良い食べ物

膵臓癌は、予防するための明確な方法がない膵臓癌の危険因子として知られているものを避ける生活習慣をつけるのが良い。 食事療法では、高脂肪、高カロリー食品を避け、肥満を防止することが有用である。 膵臓癌に良い食べ物はニンニク、ワカメ、玄米ご飯、納豆、キキョウなどがある。 また、ロシアで長い間薬として使用されたチャーガまた、膵臓癌に良い食べ物として知られている。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!