Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康] WTO、過度のビデオゲームは、精神的健康障害の兆候

/
/
/
▲ビデオゲームをあまりと精神的健康障害になることができる(出典=ピクサーベイ)

CNNは、世界保健機関(WHO)の第11回国際疾病分類(ICD)の草案を引用して、2018年からのビデオゲームをあまりと精神的健康障害の兆候として分類されることがあると報じた。

プレスからWHOは、「ゲーム障害」を「個人、家族、社会、教育、職業などの重要な領域で大きい障害を引き起こすほどの “継続または反復」行動パターンの精神的健康障害の状態と説明した。

WTOの発表によると、ゲームの障害と診断を受けるためには、少なくとも1年以上のビデオゲームをしなければならない。 しかし、症状が深刻な場合、1年未満のも診断することができます。

今回発表された国際疾病分類(ICD)は、医療専門家が診断したり、健康状態を分類する際に役立ちます。 WHOのスポークスマングレゴリーハートは、国際疾病分類が “ゲーム障害」を含むことにより、医療の専門家がこれを公式診断することができるようになったと述べた。

併せて「ゲーム障害を国際疾病分類に含ませることで、その障害の予防、治療とリハビリテーションのための保健医療や資源が考慮される道が開かれた」と述べた。

しかし、スポークスマンは、この障害の状態を定義しているが、予防と治療法は、明示されていないこの分類はまだ限界があると付け加えた。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!