Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]「新生児の世話」、育児休職のために、夫が知っておくべきこと

/
/
/

2017年育児メディアマドルリー調査によると、母親が出産休暇時産後をきちんとしていない理由で新生児を世話するためであることを挙げた。 出産休暇の専門家ミハルリッチレヴィンは新生児の世話のために “食べて、泣いて、ボチェゴ、きれいにし、トリムして、新しい赤ちゃんをなだめるような中にもシャワータオルを組むことができる」と紹介した。 それほど新生児は、日常のすべてを用意しなければならない存在だからだ。 レビンがまとめた新生児の世話に先立って注意すべき点は、以下の通りである。

1.トンボの位置の重要性

子供はトンボが快適しなければ睡眠をよりよく満たさずボチェンダ。 快適な空間のために重要なことは、適切な温度と湿度を維持してくれるものである。 20〜24℃、湿度は50〜60%になるようにするのが良い。 トンボの位置は、お母さんの隣にするのが良い。 頻繁に授乳をしなければならない理由もあるが、お母さんが横にする必要があり、子供は情緒的に安定している。 しかし、窓の近くやお入口の壁は避ける。 最近電磁波が脳細胞の成長を阻害するという研究結果が発表された。 身体器官が発達する時期であるほど電子製品の近くにも避けたほうが良い。

2.へそ管理するときの注意点

吹きさらしの子供を乾燥新生児の肌は弱いので洗わ後、よく乾かしてくれない炎症が生じる。 腹や脇に住む同士届くの体の部位の場合、特別な管理が必要である。

3.パウダーを塗る時の注意点

汗が多く、子供の場合パウダーを使用して分をバルラジュォ買う同士当たるのを防止するために、子供に応じてパウダーにアレルギー反応を起こす例もありますので、手につけてあせもが生じるような部位のみ注意しながら塗ってあげよう。

4.おむつを選ぶ際の注意点

おむつの材質に敏感な新生児もいる。 特に使い捨ておむつの場合、化学薬品が含まれて子供の肌を傷つけることがありますので注意してください。 布おむつを使用することを推奨する。 ゆでた後、天日に干し殺菌消毒して使用すると、子供の健康にも良く、衛生的、これを使用することができる。

5.お風呂をあまりにも頻繁にさせない。

新生児にバスを頻繁にさせない理由は、肌が乾燥しているからだ。 汗が、多くの場合を除き、週2〜3回程度入浴させることが、新生児の肌の保湿のために良いとする。 特に腹が落ちない赤ちゃんの場合通に浸して入浴は控えるべきである。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!