Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]「減量と」は、親小言肥満児童に役立つダメ

/
/
/
▲ソース=ピクサーベイ

夕食の席で「肉ちょっと抜け」は、しつこいを聞くとき気持ちいい人はあまりいない。 特に子供はなおさらそうだ。 親が子供の体重の問題を継続して指摘した場合重大な問題を引き起こすことができるという研究結果が出た。 研究者たちは、子供の体重減少を誘導するために、親が思わず発した言葉が子供にとっては「体重による社会的烙印」(weight stigma)に受け入れられることができるという事実を明らかにした。

多くの人が過酷な言葉羞恥心を与える減量が必要な人がこれに刺激を受け、肉を抜くと思う。 しかし、今回の研究で「社会的烙印は肯定変化を誘発するよりも、むしろ暴食、社会的孤立、医療サービス回避、身体活動の減少などをもたらしており、肥満を一層悪化させ生活習慣を健康的な方向に変える大きな障害になる」は、結果が出た。 一言で小言をし羞恥心を与えて肉を抜くのは薬より毒ということだ。

体重に対する社会的偏見(weightism)は文字通り、体重のために人を差別するものであり、肥満の人はもちろん、棒の数字痩せた人も、これらの差別に悩まさ。 社会的烙印を押された人々は、社会が自分の価値を重んじ思わないか無視するという感じを受けやすい。 人々の固定観念が形成され、過体重または肥満の人は、怠惰自己統制力が不足しており、乾燥人々は弱く、健康に良くない食習慣を持っているという札がつくからである。

特に今回の研究では、肥満の子供の親も社会的烙印を撮る一助していることが明らかになった。 減量のためのキャンプに参加した青少年をアンケート調査した結果、全体の37%が体重のために親からの厳しい言葉を聞いたり、嫌がらせを受けたと答えた。 子供を包んべき親がむしろ子供たちに「肥満である」と心理的圧迫を与えているという意味である。

肥満の子供の体重減少を助けようとする医療スタッフが不本意社会的烙印を強化したりする。 肉を抜く医療スタッフを探している人は、そのために恥を感じることができる。 体重管理のために他人の助けを受けることが自分の自制心が不足していることを自ら証明することになると考えているからだ。 このような考えから抜け出せない場合は、これらの痛みを伴う経験を消してしまうため、自分が一番好きな食べ物にふけることになる。

▲ソース=ピクサーベイ

今回の研究の著者らは、「ヘルスケア、地域社会、教育環境などが患者に力になることができる。 しかし、現在のこれらの社会的烙印をすぐにとるか解決するために大きく貢献していない。 このような状況では、小児保健専門医療陣が肥満の子供の烙印問題を解決するために重要な役割をすることができる。 これら肥満の烙印を撮ることが体重を減らしたり、健康な行動を奨励していない認識を高めることができる」と述べた。

烙印を撮らずに子供の体重を助ける方法

米国小児科学会(AAP)は、親と子の健康な体重維持に役立つ推奨事項を発表した。 新たに発表された推奨事項には、家族や小児科医が子供の健康的な習慣を養う方法についてのアドバイスが含まれている。 家庭で健康的な食習慣を促進する方法は次のとおりである。

– カロリーが高いスナックや砂糖の含有量が多く飲み物を減らせ。 今すぐ全部見通してしまう必要はない。 次の食料品を買いに行くとき、少量を購入し、徐々に減らすのが良い。

– 誕生日のような特別なイベントがある場合には高カロリーのおやつや飲み物を準備していないことができない。 この場合、誕生日パーティー直前に軽食と飲み物を購入し、パーティーが終わった後には、すべて処分しなければならない。

– 高カロリーのおやつや飲み物を減らす代わりに、新鮮な果物、野菜、低カロリーのおやつなど健康的な食品を摂取するようにしなさい。 これらの健康食品は、子供の目に見えて手が届きやすい場所に置いておけ。

– 健康食品を目立つ場所に置く一方、高カロリー・低栄養食品は、よく見えないところに置かなければならない。 アルミホイルで包まれて、冷蔵室の背面や食料貯蔵室に保管することが一つの方法である。

▲ソース= Flickrの

– 子供が頻繁に健康に良い食べ物を食べるように励ました。 一日に5回以上の果物や野菜を食べるように動機を与えるのが良い。

生活習慣を変化させることも、子供が健康的な体重を維持するために有用である。

1.静的行動を減らす

静的行動(sedentary behaviors)と座ったり、期待したり、横になって、多くの時間を過ごすことをいう。 静的な姿勢は、エネルギーが多く必要とするため、私たちの体が少量の脂肪だけを燃焼体重増加につながることができる。 立ったり歩い行動を増やす静的行動の負の影響を軽減することができる。

2.身体活動を増やす

最近の子供たちは、外遊んことよりも、体をほとんど使わないビデオゲームとTV表示をより好む。 これらの趣味を持てば座っている時間が多いしかない。 子供の身体活動を増やすためには、家の中にあるTVとビデオゲーム機などのメディアプラットフォームの数を減らさなければならない。 可能であればベッドルームとキッチンのメディアデバイスをなくすことがよい。

3.適切な量の睡眠とる

8時間以上の睡眠は過体重または肥満の原因となることができる。 成長期の子供たちがよく育つためには、決められた時間に床に就くする。 子供の身体の成長と成熟のためには、適切な睡眠パターンと適切な量の睡眠が必要だ。

4.生活習慣の変化誘導する

親がボーリングやスポーツを子供と一緒にすると、子供の身体活動の増大をゴムすることができる。 釣りなどのアウトドア活動は、家族のライフスタイルの変化を促進したりする。 親が子供と同じように健康的な食事を食べて適時トンボに例えば子供の食事や就寝時など健康的な習慣を育てるのに役立つ。

5.近所で運動する

ジョギング、サイクリング、犬の散歩させるなどは、近所で十分できる身体活動である。 家の近くで行うことができる簡単な運動は、子供が静的な行動をする時間を削減すると同時に、身体活動を増加させる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!