Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]すべての娘バカのためのレッスン…娘の苦しむ「越境」比法は?

/
/
/

娘を持つということは、すべての予備父の祝福であり、希望である。 娘が生まれてからから父は人生のターニングポイントを迎えるだけでなく、毎誕生日、その後成長し、結婚をするまで、すべての段階で一緒にその瞬間を迎える幸運を得る。 しかし、このような別名「娘バカ “父にもまだ娘の心と感情を完全に把握することは困難である。 特にどの時点となると、娘には身体的、精神的な変化が訪れるようになるが、まさに「越境」である。

月経を経験していない男性のことは、これらの状況を理解することができないだけでではなく、娘が生理をしながら経験する気持ちやその他の変化を目撃しながらも、しっかりと対処していない。 結局、娘が感じる経験と変化を正しく認識するためには、月経の知識を習得することが重要である。 月に一度、娘が経験する変化と感情。 いくつかのだろうか?

越境

月経、生理とも呼ばれている。 妊娠可能年齢の女性の子宮内膜は、定期的に分泌されたホルモンによって増殖、胚の着床を準備するのに、妊娠がされていない場合は、子宮内膜が自然に脱落される。 このような現象がまさに、月経ある。 妊娠可能年齢のは、妊娠が可能な期間を意味する。 通常超硬が始まる時期から閉経までを指すこと、約13歳で始め、40歳以上のときまで生理は持続される。

このように見ると、あまりにも複雑に聞こえることができる。 とにかく、これらの知識を備えるのは、国境を越えたというのが、自分の幼い娘にすぐに起こることであり、それに対してよく対処できるように、父を呼び覚ますのに有用である。

また、もう1つはすぐに月経をテーマにした会話した父の認識である。 このようなテーマにさっさと出ず、まるで言えばならないタブー現象ぐらいでがりに気軽に話ができないか、奇妙な行動を示すこともできる。 しかし、妻と一緒に住むすべての男性は、女性が月経をする前と中に精神的、身体的、情緒的に通常とは異なる行動を見せることを知っている。 これをよく表す用語がすぐに月経前症候群(PMS、pre-menstruation symptoms)で、女性は通常7日間、体が腫れたり、少しの痙攣、そして腹が私感じと感情を持つようになる。

かなり深刻な月経前症候群

父として娘のような経験に対処満開の準備ができたら、一番最初にこの期間中に娘に無駄な冗談をやめること。 娘たちがこれまでよりもイライラせる受け入れることを見ることができるだろう。 月経は、うつ病と気分の変化、怒り、不安、および集中障害のようなPMSの様々な症状が現れるので、小さなことにも敏感に反応することができる。 代わりに、真の心から、全然有害でない言葉で娘を迎える準備をするのが良い。

過敏反応を除くてでも、娘たちの父は期待して理解する範囲を超え行動を見ることができる。 突然、まるで小型犬があってもされたように関心を切望と甘く愛情のこもった行動を見せても、いくつかの分もされず、自分に向かってまくり吠えグレイハウンドに変わることができるというもの。 だからといって119を押す必要はない。 これは極めて正常な行動には、すべての女性から表示される心境の変化だ。

月経は食欲もあふれている。 また正常である。 夜中に突然者お父さんを起こして食べ物を買ってもらうこともできますが、慌てずに、必要に応じてくれれば、すべてがうまく解けること。 食欲は妊娠中の女性にだけ表示されることはない。 妊娠とPMSの違いが微妙な女性に基づいて表示される方式が異なる場合があります。

物理的な苦痛は娘たちに最大の苦しみである。 これ娘に重ね重ね願望を聞かない場合は、この期間中に娘が痛いという言葉にどのような冗談や他の不必要な言葉を同じ付ける行動は金なければならない。 月経をするときは、頭痛や腰痛、浮腫、ユバントン、消化器疾患など、さまざまな身体症状が現れるので、痛みを伴うことができる。

父よ、是非マルジョシムを!

前述したように、月経中に痛みが伴われる。 症状の程度は軽症で重症度に至るまで様々である。 また、気分の変化も激しい。 これも軽度で、まるで野生のライオンのピョヒョに至るまで、非常に多様である。

この時、父が最も注意する必要はまさにだ。 一度娘がいる以上だと感じられる行動について決して質問はいけない。 毎月経験する月経が身体的、精神的に非常に不便過程であることを認識し、これに伴う過敏反応にうまく対処するのが賢明である。 娘の食欲に関しても広い思いやりを持って、むしろ娘が緊急に見つける時に備えて大量のチョコレートを事前に備えることがセンスのある行動であることができる。

冗談もしばらく脇に置くことが有効である。 娘の深い内面に隠れているモンスターを引き出し出したくない場合は、なおさらそうだ。 娘が笑って笑顔を建てるを望んも娘には冗談が、時と場所に合わない非適切な事案になることがあります。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!