Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]ひとりの誤った偏見

/
/
/
▲ソース=ピクサーベイ

人々はひとりで育った子供たちを勝手に利己的であり、孤独癖のない子供であると認識する。 米心理学会の初代会長スタンレー・ホール(Granville Stanley Hall)博士は、「ひとりであること自体が病気である」と主張した。 その結果、彼の発言は、彼が活動していた1800年代後半から1900年代初頭までひとりの認識に大きな影響を及ぼした。 しかし、このような誤解は、過去一世紀にわたる数多くの研究によって反論された。

最近、米国の人口統計局は、米国で約1400万人の子供たち、すなわち、アメリカのすべての子供たちの20%がひとりだと発表した。 1950年代の典型的な家はすべて2〜3人の子供を持つことを願った。 しかし、2007年のギャラップ調査結果の半分以上のアメリカ人が理想的な家族に1〜2人の子供だけが含ませてもは全く子供を望まない明らかにしたアメリカ人も大半であったことが明らかになった。

社会心理学者であり、ひとりの研究事例の著者であるスーザン・ニューマン(Susan Newman)博士は、「多くの理由で一人っ子家族が新しい時代の伝統的な家族の形となっている」と述べた。 彼女は主な理由で、現代では、多くの女性が遅い年齢で最初の子供を持って子供を育てるのにかかる費用が相対的に高くなったことを選んだ。 また、多くの親が子供を育てながら受けるストレスの少ない受け、仕事と家庭のバランスをよく維持するために、子供が1つだけ持つことを望んでいる。

一人っ子の真実

ローラマーリン(Laura Mullin)は一人っ子を育てることについて次のように説明した。 マーリンは「子供がルームメイトのように感じられる」とし「子供がした名である場合には、相対的に世話が簡単就寝時間の物語をすることが、まるで友達と共有する女性だけのおしゃべりのように感じられる。 また、子供が多くの家のよう家のルールが緩むこともほとんどない」と述べた。

また、兄弟姉妹の戦いにはめる必要がないことも利点として選んだ。 彼女は「一人っ子を育てることが、必ず家庭の平和を保証するものではありませんリモコンやおやつを置いて行われる兄弟姉妹の戦いを見て見ないだけでも、助けになる」と述べた。

子供がした人の場合には、また、親が自分のや家族のための時間をより多く持つことができるということも重要な利点の一つであるとマーリンは主張する。 子供を育てるのは容易ではありませんが、夫婦がお互いに意味深い時間を提供できるようにする。 外同じ場合には、子どもたちにもっと多くの関心と時間を使うことができるので、親自身の子供をどのように育て世話するか考えることができ、同時に、自分のための時間を持つことができるので、家族みんなにいいことができる。

一方、タイム誌のジェフリークルーガー(Jeffrey Kluger)は兄弟効果という自分の本で兄弟姉妹が多数の利点を強調した。 しかし、彼はまた、ひとりだけが持つことができる利点も認めた。 彼は「一人っ子は親と多くの時間を過ごすために良い語彙と洗練されたユーモアのセンスを持つようになる傾向が大きい」と述べた。

一方、クエンティン(Quentin)という5歳の少女を息子に置いたリサコール(Lisa Corr)は一人っ子が自分の子供に対して「私たちは、子供たちが一つであるため、彼に多くのお金とエネルギーを使うことができる」とし「クエンティンは、すべての年齢層の人々と会って関係を結んできたので、同年代と大人の両方とうまくやっていくことができる」と述べた。

▲ソース=ピクサーベイ

デビッドセクマン(David Seckman)と彼の妻であるキム(Kim)は、両方のひとりで育った一人っ子に対する偏見が存在するということを知っていた。 しかし、ダビデは「いつか誰かが私に親として子供に与えることができる最大の贈り物は、兄弟姉妹である。 一人っ子である子供たちは恐ろしく変わることができると述べた」とし「私はそれは非常に驚くしかなかった。 私は一人っ子で育ったにも社会にあまりにもよく適応したと考えたからである」と述べた。 米国カリフォルニア州立大学の助教授であるハイディリッジオ(Heidi Riggio)は、「ひとりで育った成人は、兄弟姉妹がいるまま育った大人だけ社会的に有能であることができ、友人を作り、または社会活動をするためには全く支障がない」と伝えた。

子育てのヒント

子供をさまざまな社会環境にさらさせ、まだ幼い時れるように多くの友人に会って対話できるように支援することが重要である。 これは子供の社会性を育て、同時に情熱と才能を発見するために大きな役割をすることができる。 たまに子供を自由に置くべきである。 一人っ子なので、毎分、子供に気を使わなければならない。 子供だけのためのスペースと時間を提供しなければならない。 これにより、子供たちは、自分の才能と夢を育て、自分の葛藤を自ら解くことができる大人として大きくなることがあります。

したがって、個人主義を奨励することが良い方法である。 ニューマン博士によると、一人っ子が仲間仲間から社会的な圧力を受ける傾向が大きい。 ため、親は一人っ子が、子供が自分の固有の個性と価値を守ることを奨励しなければならない。 何人かの子供を育てるれるそれほど重要ではない。 重要なのは、親が子供に物質的な支援だけでなく、肯定的な価値と人生の教訓など、大​​人になるまでに必要とする多数のもの満たしてくれる準備ができてなければならない。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!