Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]アオウミガメ皮膚腫瘍で、他のカメを求めることができる

/
/
/
写真出処:Flickrの

アオウミガメは、世界中の熱帯海域で発見された爬虫類だ。 このカメは、人間が肉と卵をためカメを狩りながら、個体数が少なくなってきている。 アオウミガメの革は丈夫で、様々な目的のために使われる。

また、病気にかかった青い海カメ増加していることが分かった。

繊維乳頭腫症は、亀の目、口、皮膚にカリフラワーの形の腫瘍が形成される病気である。 この病気は、亀の免疫系に害を着せ最終的には合併症を起こし、内部の腫瘍に感染するなどの致命的な病気である。

ブラジル、ハワイ、フロリダ州に住んでいる亀がこの病気に最も多くかかる。 フロリダ州で発見された死ぬか、体が弱くなったアオウミガメの0.2%以上が繊維乳頭腫症にかかったことが明らかになった。

科学者たちはアオウミガメの病気を緩和するのに役立つことができる突破口を発見した。

研究者は、アオウミガメの革を利用してケルニードホピスウイルス(Chelonid Herpes Virus、ChHV5)と呼ばれるウイルスを開発した。 このウイルスは、亀の体に腫瘍を発生させる。

科学者たちはこの問題をよりよく理解するために、健康な皮膚と結合された腫瘍の細胞を使用して亀の皮を詳細3Dレプリカした。

これによりChHV5を開発することができたしアオウミガメのウイルスがどのように発生するかを観察することができた。 実験を通じて科学者たちは、その病気を引き起こすウイルスを理解することができた。

科学者たちは、実験の結果を利用して、今後、絶滅の危機に瀕しているカメの種を治療することができるものと期待している。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!