Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]アリ、自律走行ナビゲーションシステムの助けになる

/
/
/
写真出処:ピクサーベイ

アリは、太陽の位置と周辺環境の視覚的な情報を使用して移動経路を定める。 アリのこのような移動方法が自律走行車のナビゲーションシステムを改善するのに役立つ可能性があるという研究結果が出た。

スコットランドのエジンバラ大学とフランス・パリの国立科学研究センター研究員であるアンソニーウイストラムラッチは “アリが体が動く方向と旅行する方向を分離することができるということを発見した。 現在の体が向いている方向とは別に、もし北に行こうとするならアリは北の方向を維持して走行することができる」と述べた。

ウイストラムラッチは、これがアリの小さな脳をかなり精巧に作ると言う。

彼は「アリは、私たちが思ったよりも精巧に方向をキャッチすることができ、他の場所で得られた情報を方向をとることに統合して活用することができる。 これは情報伝達を意味し、異なる脳領域間の相乗効果だ」と付け加えた。

エジンバラ大学のバーバラウェブ研究員は、今回の研究では、自律走行車のナビゲーションシステムを向上させるのに役立つと述べた。

彼女は「蟻は非常に小さい脳を持った。 洗濯の頭部よりも小さい。 それでも彼らはいくつかの困難な状況の中で方向をしっかりキャッチ。 アリは、さらに後ろに行くこともできる。」と説明した。

また、「蟻の行動を理解することは、私たちに脳機能の新たな洞察を提示して、我々は蟻の能力を模倣したロボットシステムを構築するためのアイデアを出すようにした」と付け加えた。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!