Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]オンライン性犯罪拡散。性犯罪から子供を保護する

/
/
/

子供が性的虐待に遭ったら? 親として想像することも嫌な恐ろしいことである。 特に性犯罪被害は後遺症が長く行くので、大人になって家を設けた後でも、トラウマが持続される。

子供が性犯罪の標的になって、長年の攻撃の対象になったという事実を知ることになるのと同じくらい親に胸の痛み衝撃的なこともない。 特に小児性愛者の場合、最初は友人のように近づいて子供の信頼を得て操縦し、性的に搾取した後、これをアドバタイズしないよう脅迫したりする。

どんな親も、このようなひどい痛みと恐怖、そして妄想を経験していないがベストだろう。 そのためには子供の頃から性犯罪者から身を守ることができるよう子供たちを教育しなければならない。

オンライングルーミング(Online grooming)

今日、私たちは、ほぼすべてのものがモバイル、ソーシャルメディアなどと連動された生活を送っている。 現在、インターネットは単なる余暇生活というより、生活必需品に近い。 子供たちも、歩いて走る方法を学ぶ前から手にスマートフォンを持って生活する。

インターネットは私たちの生活を多くの価値の面で便利にしてくれる。 コミュニケーション、エンターテイメント、学習、家事、さらに火をオフにだ。 このようにテクノロジーが与える利点をフルに享受のはいいが、すべてがそうであるよう、ここにもコントラストが一緒に存在する。 オンライングルーミングはテクノロジーが原因で発生する癌のような側面とすることができる。

タッチサイバーウェルネスニーノ八尾コーチは「グルーミングと性的搾取や満足度、虐待を目的として、未成年者との信頼と愛着関係を形成する行為」と「オンライン成績グルーミングは、ソーシャルメディアやメッセージングプラットフォームのような手段を介して行われる」とと述べた。

彼は続いて「最近シンカピョンでは、オンライングルーミング犯罪が増加している。 昨年4月には一二十歳の青年が、ソーシャルメディアで少女をグルーミングして、その中の10人に性犯罪を犯した疑いで起訴された」とし「被害者の中には十二歳の子供もいた」と付け加えた。

子育て情報サイトスマート敗ロンチュによると、性犯罪者の主な活動の舞台はフェイスブック、インスタグラム、スナップチャット、Twitterは、インターネットゲームなどである。 こんなところで子供たちを標的にグルーミングをする。

社会福祉活動家であるアブドゥル・ラーマンカーマルーディンは、性犯罪者に対して「一度ターゲット児童を決めれば、これらまず自分の身元を隠してアクセスする。 つまり、ターゲット児童と同様の年齢の子供であるかのように偽装する」とし「またターゲット児童と同じような興味を持っていると言って、子供にいくつかの贈り物を買ったり、関心を示しなど歓心を買おうとする」と説明した。

性犯罪者は、これらの戦略を利用して、まず子供の信頼を得る。 以後の性のテーマを取り出し会話を誘導して本性を現わす方式である。 秘密の体の部位を撮影した写真を交換ししようとしたり、直接会おうと提案するこれらの出会いは、強姦で終わる場合が多い。

子供たちは、元の好奇心が多く、また、性交のためによく知らずにいる場合が大半だ。 性犯罪者は、これらの好奇心を利用して子供たちと性的会話を引き出す。

「大事にはならない秘密」の著者である第ダイニングサンダーは「ドメスティックシェルド」ウェブサイトを介して、「多くの親たちがまさか私の子供が性犯罪の被害者になるかと思う」とし「しかし、研究の結果は、その「まさか」が人キャッチすることができているということを示している。 女の子は5人に1人の割合で、男児は二十人に1人の割合で児童性犯罪の被害者になる」と述べた。

彼は続いて「親や養育者は、先生など大人たちは、子供たちに性犯罪について、具体的に伝える必要がありするだけでなく、子供がグルーミングなどの性的虐待を受けていないことを見なければならない」とし「単にこのトピック恐れ不便だという理由で、子供たちが被害を受けよう放置してはならない」と付け加えた。

子供たちには性器を指すしっかりとした名称を知らせ、子どもの身体的境界線との距離を尊重するだけでも、性犯罪に対する警戒心を意志で抵抗することができる。

一方、八尾コーチは「子供が非常に若い年齢の時から年齢に合ったコンテンツを利用して性の会話を共有しなければならない」とし「子供たちに「良い」スキンシップと「悪い」スキンシップを教えてくれて、他の人が秘密の身体部位を見ようとしたり、性交に関連する会話の相手するときはどうすればするかも教えなければならない」と説明した。

オンライングルーミングの警告指標

八尾とラーマンによると、オンライングルーミングを示す初期の兆候は気付きが非常に難しい。 子供たちがこのトピックについて非表示にするためである。 最も通常に表示される兆候は以下の通りである。

1.夜遅くまで寝、オンラインで何かをしている。

2.携帯電話やソーシャルメディアのアカウントに過度に陥って住むか、またはこれを他人に見せたくないならない。

3.親がオンラインチャットの内容を見ようとしたときためらったり怒る

4.親が知らない友人からの贈り物を受け取ったり、服や他の子供のお小遣いでは買えない、新しいものが生まれる。

5.オンラインで会ったと自分よりもはるかに年上のボーイフレンドやガールフレンドがいると言う。

6.子供が知る由もない下品な言葉や性的言葉を使用する。

7.「友達と会いに行く」と普段のなかったところを行ったり、あるいはどこに行くのか言わずに外出しようとしている。

8.ソーシャルメディアアカウントを利用して、過度に悲しいか、消極的になったり、どこかに心が入っているような姿を見せて、不安と積極的な姿を見せる。

トレバー米瑪瑙安全の専門家は、「子供を性犯罪から保護するための第一歩は、子供に何でも言っていい人になってくれるだろう」と明らかにした。

また、これらの性犯罪は忙しい親を置いた子供たちが標的になりやすい。 この子供たちは、より愛情を渇望して、親にばれないままに行動することができるからである。

アブドゥルラーマンによると、美闘士油サイバーケアでは、親に3つの役割を要請する。 保護者、教育者、そして友人の役割である。 各役割は、それなりの目的がある。

1.保護者の役割:子供のインターネットの使用を指導する。 子供がインターネットで何をするのか、オンラインで送受信したメッセージや会話の内容を見てもよいか聞いてみよう。 だからといって強圧的にこのようなものに要求してはならない。 子どもには、そのような姿が、親の権威を利用して自分を制したいように見えることもある。 このような過程を介して相互に信頼関係を築いていこう説明することはよい。 また、子供がどのようなSNSのアカウントを主に利用しているか調べ、そこに登録して、どのサイトか、子供はどのような活動をしていることなども知っている必要があります。

2.教育の役割:適切な方法で子供に性というテーマを伝える必要があります。 イギリスのインターネット安全プログラムのウェブサイト「キッドスマート(Kidsmart)が開発した「スマート(SMART)」モデルを使用してもよい。

スマートモデル

S – セーフティ(Safety)。 オンラインで知らない人に個人情報(名前、電子メール、自宅の住所、電話番号、学校名など)を与えることは安全でないことを教えなければならない。 オンラインで活動する人の中には、自分の正体を率直に話していない人も多いという事実を悟らせてくれるのが良い。

M – ミーティング(Meeting)。 オンラインでのみ知り合いの人が実際に会うことは危険なことがある。 オンラインを介して人に会いたい、まず両親と話を交わして見て、親が監督することができる状況で会うように指導する。

A – 受け入れ(Accepting)。 知らない人からの電子メールやメッセージ、ファイルなどを開いて見ることは危険なことがある。 ウイルスやわいせつなメッセージが込められていることもある。

R – 信頼性(Reliable)。 オンラインで出会った人は、自分の身元を隠すことができる。 インターネットを介して見つけた情報は信頼するのは難しい。

T – 話(Tell)。 もしも心配になったり、心が不便になるときは、両親や養育者、あるいは信頼できる大人に話しても良いと教えなければならない。

3.友達の役割:子供と一緒に楽しい活動をして楽しい時間を過ごしたならば、興味を共有することも容易である。 両者の間がより近づくだけでなく、子供がどのような問題や悩みを抱えている時も、迷わず、親に心を開いて助言を求めることができるようになる。

子供が性犯罪の対象となられた方?

子供が性犯罪の対象とされたような気が例えばどのようにすべきか? 何よりも落ち着いた態度を維持することが重要である。 親が驚いて大騒ぎをおびえ子供は訳もなく言った考えを先にすることになる。

八尾コーチは「子供との会話を交わし、相手との会話を示してほしいと要請してみよう。 両者の間に正確にどの会話が漂流何があったのかをまず知っておくべき」とし「この過程で、子供のせいにしたり、子供の誤りという感じを与えてはならない。 親が私を責めうとするのではなく、私のほうがされて与えようとする感じを受けるようにしなければならない」と助言した。

まだ子供が会話を回避したり、隠そうとは態度を取った場合、あなたが子供をどのよう愛しているか話してくれ信じ良いと言わなければならない。

また、子供が性犯罪被害者になった場合には、落胆だけであってはならない。 最初にすべきことは、警察に通報するものである。 これに先立ち、子供に性犯罪事件について、警察や他の大人に話すことができるか、準備ができてたのか尋ね、子供が口を開いた後に言葉したことについて安全に感じることができるような措置を取らなければならない。

また、今日では、ほとんどすべての国で児童を保護するための法律や政策が施行されている。 地域社会や国際社会の児童の権利保護団体に助けを求めて性犯罪根絶団体などを探してアドバイスを得るようにしましょう。

性犯罪の予防のために

ポテンショタスィによると、子供が性犯罪の対象となることを避けるためには、次のものを子供に教える必要がある。

1.認識:家庭から子供に状況認識を明確にさせ、子供が自分が置かれた状況を十分に理解するようにしましょう。 また、愛に基づいた親密な関係を形成して、子供が親を信じて従うようにすることが重要である。

2.保護:何よりも子供の安全と保護を最優先にべきである。 親が忙しい場合、子供が性犯罪者のターゲットになるより容易という事実を覚えて、常に子供のためにはない時間も出すようにしなければならない。

3.境界:子供に何が「良い」スキンシップであり、何が「悪い」スキンシップなのか伝える必要があります。 また、いつ「ダメ」と言うべきかも教えてあげよう。 他の人が私の同意なしに私の体をマンジリョすることは不適切であり、犯罪であることを認識させてやる必要がある。

4.抵抗:このような状況では、性犯罪者を対象に言葉で、そして物理的に抵抗することができる方法を伝える必要があります。 危機に瀕している子供が声をあげ助けを求めたり、いくつかの護身術などを利用していち早く状況から抜け出すことができるよう、あらかじめ教育する必要がある。

5.脱出:性犯罪者が追って来る場合逃げなければならず、ここで逃げなければならないのかもしれランナー。 性犯罪の状況では、一番最初に女性を探して逃げなければならないと話してくれう。 女性の性犯罪者がないわけではないが、性犯罪者が男性の場合、確率的に女性に逃げる方がより安全である。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!