Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]カラスも未来を計画し、決定する

/
/
/
写真出処:ピクサーベイ

動物は知能を活用して環境に適応し、重要な意思決定を下す。

知能は、動物が決定を下し、環境に適応することができるように手助けする。 人間は決定と適応と計画に関する能力が優れており、この分野では、地球上で比較することができないほど高い知性を持っている。

しかし、ここ数年の間に、科学者たちは、この種の知能を非人間霊長類および他の動物から発見した。 その中の人間の知性に挑戦する動物の一つがカラスだ。

食べ残った食品を保管することは、カラスの一般的特徴である。 カラスは、動物の死体が腐敗する前に食事を終えなければならない。 この時、カラスは残り物をいつでも、どこに保管するかどうかを決定する。

サイエンス誌掲載された研究は、鳥と本能的な行動の間の関連性について明らかにした。 研究者は、カラスの群れに一連の課題を与え観察したところ、そのうちのいくつかの種は食糧を得るための新しいツールをつけるのに17時間もかからなかった。

さらにカラスは初めて見た材料を使用して、ツールを作成した。

この研究では、動物も、未来を計画する能力があることを示している。 研究者は、地球上の人類固有の能力に挑戦状を差し出したと説明した。

神経生理学的な証拠は、動物の一般知能理論を証明することができる。 カラスに課題を与えて観察した研究者は、動物の特定の行動を誘発するための柔軟性と高速開発にも研究が必要であると伝えた。

これらの研究でカラスが未来を計画する能力が知能とどのような関連性があることを明らかにすることができると説明した。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!