Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]クラシック音楽が赤ちゃんに与える影響

/
/
/
▲ソース=ピクサーベイ

クラシック音楽は、音楽の歴史の誇りである。 クラシック音楽は、私たちに精神的な安定を与える。

ベートーベン、モーツァルト、ショパン、そしてクラシック音楽界の他の有名人が作った曲は、いくら若い赤ちゃんも楽しむことができる。 さらに、胎児にも有用である。

ほとんどの親は、妊娠中の胎教のためにクラシック音楽を聞く。 また、赤ちゃんが生まれた後もクラシック音楽をよく聞く。 その理由は、クラシック音楽が赤ちゃんの成長にプラスの効果を示すからである。

モーツァルトの作品などのクラシック音楽が、短期的に時空間感覚と推理力を向上させることができるという「モーツァルト効果」理論もできた。 クラシック音楽を聞くだけで知能レベルが向上するというものである。

モーツァルト効果は人の赤ん坊だけ限ったことではない。 2013年にした農夫は、自分が育てる作物にモーツァルトの音楽を聞かせてくれた。

1990年代には、モーツァルト効果の理論の研究が行われた。 しかし、当時の研究対象は、赤ちゃんではなく、若者であった。

米国国立図書館の健康医学研究所で発表した研究によると、妊婦が出産する12時間前にクラシック音楽を聴くと、赤ちゃんの認知と言語発達に役立つとする。 クラシック音楽は認知と言語発達だけでなく、他のすべての発達段階に影響を与える。

つまり子供を最大限に音楽に露出させるほうがいい。 特に親が自らの楽器を演奏することを知っている人であれば、子供と音楽の経験を共有し、子供たちに楽器を教えるする。

たとえばピアノを弾くこと知っていればベートーベンの曲を演奏しながら、赤ちゃんが周辺に留まるようにしましょう。

クラシック音楽は、赤ちゃんの記憶力の向上にも役立つ。 音楽を聴くと、脳の4つの主要な葉(前頭葉、側頭葉、頭頂葉、後頭葉)の部分がすべて刺激されるからである。

私たちの脳の聴覚皮質は、音楽の盛り上がりと音量を区別して理解する役割をする。 側頭葉の上側頭やらは、以前に聞いた音楽を覚えている。

単に何かを聞く行為は、私たちの脳の記憶を争う。 しかし、非常に技術的な形態の音楽でクラシック音楽は、私たちの記憶力を促進させる役割をする。

赤ちゃんは音楽を聴くときたちまち静かになる。 少し他の方法で考える言うと、赤ちゃんは自分が聞いている内容を自分で整理して保存するものである。 音楽の高低、速度変化など、赤ちゃんの脳は、赤ちゃんが聞いていることを分類し、処理する。

赤ちゃんは自分の感情を抑制することができないときに泣き出力してふっ飛ん。 空腹時、おむつが湿っているとき、不安なときなどの理由が何であれ、赤ちゃんは、すべてのことを泣きで表現する。 ところが、クラシック音楽を流してくれれば赤ちゃんの注意が音楽に集中するため、すぐに泣き止むだろう。

専門家は、クラシック音楽がドーパミン噴出と関連付けられるので、すべての人の不安レベルを下げてくれると言う。

すなわち、クラシック音楽は人をリラックスさせ、夜に、より快適に眠ることができように助ける。

ワシントン大学の脳の学習研究所の最近の研究によると、クラシック音楽によく露出された赤ちゃんは、一人で音楽を聞いたこと、親と一緒に音楽を聞いているかどうかに関係なく、親との絆が強化され、より多くの笑った。 クラシック音楽が赤ちゃんに肯定的な影響を与えるという主張が一層強化される研究結果だ。

クラシック音楽は、赤ちゃんが歩いたり、話す前から効果を示す。 クラシック音楽は、過去数百年の間に、私たちのそばに存在しており、高速なビットの音楽が大勢現在も根強い人気を集めている。

子供をクラシック音楽により馴染む環境を造成してみるとどうだろうか?

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!