Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]シロクマ、気候変動に起因人の村に移動

/
/
/
写真出処:ピクサーベイ

米国アラスカ州北部ボーフォート海に住むホッキョクグマは小さな氷の塊の上にまたがってアザラシを捜す。 ところが、地球温暖化のために氷の塊が溶け始めてホッキョクグマが餌を探すのが難しくなった。

飢えホッキョクグマはハンターによって捨てられたクジラの死体を食べるために仕方なくビーチに向かう。 同様に、クマは、人々が住んでいる町で餌を探しに行く。 ホッキョクグマの登場は、住民を恐怖に陥れる。

アラスカ科学センターの生物学者トッドアトウッドによると、この地域のクマの約20%が食料を見つけるために村に移住した。

その結果、クマは体重が増加した水銀濃度は減少した。 ホッキョクグマがより豊富な餌を見つけることができる人間居住地域は、ホッキョクグマを健康で強くなった。

コネチカット大学のメリッサマッキニー教授はハンターが残したクジラの死体がクマさんに予測可能で簡単にアクセスすることができる餌の源になっていると指摘した。

実際に海岸に移住するクマの数は、20年前に比べて着実に増加した。 研究によると、一日に82匹のシロクマが動物の死体を見つけ通うする。

海岸にあるクジラの死体がホッキョクグマの空腹を満たしてくれるが、クジラの死体は、狩猟シーズンが終わるとすぐに枯渇される。

その後、餌が不足したホッキョクグマは町に降りてきて、人々が住んでいる家を襲うこともできる。 鯨狩りに出るの住民は今クマさんから自分たちを守るために銃で武装したままの海岸に出る。

その結果、より多くのホッキョクグマが村に降りてくると、「熊一頭あたりの食べることができるの餌の量は減るだろう」とアトウッドは付け加えた。

ホッキョクグマは引き続き人が住む村に戻ってくると思われる。 しかし、クマが餌を得ることができるし、住民がクマに襲われる危険性は少ないと専門家は言った。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!