Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]スマートフォン、アイパッドのおかげで、不正行為猛威…どのように防ぐことができますか?

/
/
/
▲調査によると、全体の学生の23%がスマートフォンを使用して、不正行為をしたことがあると答えた(出典=ピクサーベイ)

生徒が学校で不正行為をするのが、昨日、今日ではない。 学校での試験を見るの答えを知らなければ、不正行為をしている学生がいる。 最も一般的なのは、隣の席に座った人の答えをコピーするか、他の紙に試験に出てくる内容を書いてこっそり見て試験を受けるだろう。

ところが、デジタル機器が発達しながら不正行為手法もますます巧妙になっている。 電子機器を使用すると、はるかに簡単に不正行為が可能で、勉強しなくても高得点を受けることが可能である。 ピュー・リサーチ・センター(Pew Research Center)が進行したしたアンケート調査によると、全体の学生のうち23%がスマートフォンを使用して、不正行為をしたことがあると答えた。 また、同じ調査では、他の学生が試験や宿題をし、不正行為をするのを目撃したことがあると答えた割合は65%が超えた。

なぜ子供たちは不正行為をするか?

非常に若い子供たちは、「不正直」の概念自体をよく理解していない。 互いに答えを共有したり、試験を見て教科書を参照することが「不正である」と考えていない。 しかし、このような行動が不正行為であることを知りながらも学生もいる。 不適切な行為であることを知りながら、良い成績を受けなければならないという負担のため、このような行動をするのに、その中には全校1位になりたいか、大会に出て賞を積まなければならないという負担感、奨学金を必ず受けなければならないというプレッシャーを感じる子供たちもいる。 もちろんただ勉強機嫌な方法で不正行為を選択する人もいるだろう。 これらには、直接の問題について考えたり、問題を解決するよりも、単に他人の答えをコピーすることがはるかに容易に考慮される。

不正行為の事例

全世界的に、電子機器を利用した不正行為が蔓延している。 教師たちも学校で行われる不正行為を取り締まるためにますます困難になる訴える。 今目立たないように不正行為が可能な電子機器が多すぎて不正行為学生を摘発して出すことも容易ではない。 先生たちだけでなく、保護者も子どもたちが電子機器を活用してどのように不正行為を犯すか知っている必要があります。 ベリーウェルファミリー(Very Well Family)の記事によると、子供たちは、主に以下のような方法で不正行為をする。

テキストメッセージ:テキストメッセージでお互い答えを与えて受ける。 主にスマートフォンを机の下に隠して、先生がいない見たときの瞳と指だけ動かして、画面を見ながら文字を与えられる。

試験に出る内容メモしておく:スマートフォンには、試験に出てくる内容をすべて記録しても残る様々なノートアプリが多い。 あるいは試験に出てきた内容を、インターネットに検索し解くこともある。

コピー、貼り付け:どの子供たちは宿題をしたり、レポートを書くとき他人が書いた内容を盗むこともある。 出典を明らかにせず、他の人がインターネット上で書いた文をそのままコピーして貼り付けするものである。 幸いなことに、この場合は、インターネット上の文献との一致度を検査するツールがあり調べるが難しくない。

ソーシャルメディアのぞき:先生が見ていないときSNSを介して互いに答えをやりとりする式である。

▲源を明らかにせず、他人が書いた文章をそのままコピー、貼り付けして宿題として提出することもある(出典=ピクサーベイ)

子供の不正行為を防ぐには

不正行為を防ぐための教育は家庭から始めなければならない。 そのためには、親たちも子供をどのように教育すべきか知っているべきである。 ベリーウェルファミリーでは、記事を介して子供の不正行為を指導するときに使用するとよい教育戦略を次のように紹介した。

1.不正行為はしてはならない行動であることを明らかに言う。 過去2011年に「心理学ジャーナル(Journal of Economic Psychology)」に記載された論文によると、親が不正行為は悪いという話をしっかりして直接することが予防に有用である。 子供たちに「お母さん、お父さんはあなたの他の回答をコピーしていない場合なあ」と言わなければならない。

2.私は子供たちにどのような価値観を注入しているか 可能な場合は、子供たちが正直ながらも一生懸命勉強できるように指導するのがいいだろう。 子供とよく会話を分かち合うことで、子供がどのような話でも楽にでき、親の言葉に耳を傾けよう子供に近い間にならなければならない。

3.親から「正直」という模範を示さなければならない。 子供たちは意外に家庭で見て学んだまま学校で実践する。 したがって家庭から、親が直接正直に行動し、不正行為を離れている姿を見せなければならない。

4.しつけの方法を振り返る。 「子どもの発達(Child Development)」の2011年記載された論文によると、親があまりにも厳しいと子供が嘘をする確率が高くなる。 子供たちは処罰されたり怒ら危険性が少ないと思うほど素直になり、自然に道徳的価値を教えるもより容易状態になる。

5.結果より努力を賞賛しなさい。 親だけ良い成績を望むのではなく、子どももそうだ。 親たちは、常にこの事実を覚えて、子供が達成した結果ではなく、努力した過程自体を賞賛しなければならない。

▲良い成績を得るための方法が不正行為だけではないことを教えなければなら(出典= Flickrの)

不正行為は、どのように対処すべきか

子供が幼い頃から家庭で不正行為をした場合どのような結果が起こるかを教えなければならない。 不正行為は、子供に影響を与えるだけでではなく、大人になっても習慣的に残したからだ。 試験で良い成績を受けたり、優秀な学生になるための方法が不正行為だけではないことを教えなければならない。

正直、正しい子供を育てることは、最終的に親の責任であり、能力である。 子供が難しくするとき無視すれば、子供は親に自分の悩みや問題点を打ち明けなくなる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!