Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]ソーシャルメディアを通じた「公開自殺」流行

/
/
/

フェイスブックとインスタグラムでビデオのライブ機能が追加され、自殺する姿をライブで公開する人が増えているのが実情である。

以下は、過去一年間報告された「公開自殺」の事例である。

年齢カーテナントという10代の少女が1月に彼女の委託家庭でのライブ映像を介して様々な問題や不満を打ち明けた後、シャワーでスカーフで首を結んだ。

別の犠牲者は、フォロワーに何をするのか知らせた後、ライブ映像で頭に銃を撃った、6人の子供を置いた34歳の父親だった。 友人や親戚が法執行機関に電話をして、彼を停止しようとしたが、彼らが到着した時は、すでに事件が起きた後であった。

このような「公開自殺」は、まだ続いている。

心理学者や自殺の専門家たちは、ストリーミングビデオプラットフォームが自殺放送の手段となったが、自殺を防ぐの長さもありだと言う。

数多くのライブ映像の視聴者は放送する人が自殺しようとする決断を下したときにそれを防ぐことができる。

自殺防止のために働く非営利団体セーブの取締役ダニエルJ.ライデンバーグは「傾向を予測することができない」と言って、深刻な反応を見せた。

また、「このようなことがどのように発生するか、正確な数字を把握することができない。 ライブストリーミングは長続きしないからである。 人々はオンラインで住んでいる。 オンラインは、彼らが今日のコミュニケーションの方法であり、また、人々は10年以上、Facebookに自殺コンテンツを公開している。 違いといえば記事だったのが、今の映像に変わったということだ」と伝えた。

Facebookは現在、人々がオンラインで自殺することを防ぐことができる方法を開発している。 この方法を利用して、監視するFacebookを介して自殺をしようとする人を迅速に識別して、すぐに法執行機関に連絡することができる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!