Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]デジタル時代に適用可能な、70年代の博物学者ユクアボプ公開

/
/
/
(出典=ピクサーベイ)

最近のデジタル化がされ、多くのものに発展した。 そして、最近の親と70年代の親の子育てのスタイルが著しく異なることを見ることができる。 しかし、多くの専門家は、昔のユクアボプに学ぶ点が多いと、特に70年代に使用された育児方式である自然主義ユクアボプが現在も役立つと伝えた。

自然主義ユクアボプ

最初は食糧である。 1970年代には、食べ物が、現在のように豊富ではなかった。 つまり、今日の選択可能な食品の種類が多様化したものである。 しかし、食品の安全性は非常に低下する。 1970年の食料品店では、通穀物を簡単に見つけることができた。 現在どんなに多くの食品が出てきたが、穀物だけでは、それよりもないというのが専門家らの意見だ。

したがって、通穀物自然食と自然発酵食品、加工飲料の代わりにミネラルウォーターを飲むなどで子供の健康をジキョジュォヤと述べた。

第二は、クリーンな環境である。 最近加湿器殺菌剤によってで問題があった。 そして、赤ちゃんの手をよく拭いて与えるためにウェットティッシュを常に使用する。 しかし、専門家は、このような過敏反応のために、子供の健康をむしろ害を与えると指摘した。

殺菌をすると、化学製品を使うという話だが、むしろ子供たちが化学物質をより多く摂取する格好になるのだ。 1970年代には、松の実、加湿器のように、天然加湿器を使用した。 きれいに洗って濡れた状態の松ぼっくりを家のあちこちに置いておけば、水分が蒸発し、加湿効果が出るからである。

最近の化学物質で、子供たちが受けている問題を見ると、さすがに現代の科学技術と発展の両方正しいが、見ることができると思う。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!