Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]トランポリンで子供にけが加えることができる

/
/
/
写真出処:ピクサーベイ

トランポリンは老若男女誰でもトィノルことができる運動器具で、特に子供たちが好きな運動器具でもある。

しかし、このようなトランポリンが子供に大怪我を負わせることができる。

米国消費者製品安全委員会によると、2015年には約30万件のトランポリン関連の負傷が記録され、その中で緊急治療室の訪問件数は約10万件とする。

一般的なトランポリンの負傷ではトランポリンで硬い部分に着地して苦しむ捻挫と骨折、他の人との衝突は、間違っ着地と地上に落下することなどである。

米国整形外科学会の専門家は、親に子供、特に6歳未満の子どもたちがトランポリンで遊ぶのは危険であると警告した。

LA小児整形外科医であるジェニファーウェイズは、「6歳未満の子供は身体、骨および脳をトランポリンで安全に守るために必要な身体の調整能力、身体意識と迅速な反応時間などが不足している。 したがってトランポリン関連の負傷の危険性が増加する」と伝えた。

専門家は、トランポリンで子供たちが遊ぶようにすると、追加の予防措置をとることが良いと助言した。

6歳未満の子供は、トランポリンを使用を控えて、一度に一人ずつトランポリンを使用し、トランポリンの高さを地上から高すぎる設定はならない。

トランポリンの表面からほとんどの負傷が発生するため、セーフティネットは、あまり効果がない。 代わりに支持、行および周辺地表面に適切な保護パディングがあることを確認しなければならない。

子供がハーネスなどの安全装備を着用していない場合転落やリスクの高いトリックをしないように注意が必要である。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!