Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]ノートに色を着せなさい。」様々な色、学業成績の向上に役立つ」

/
/
/
▲様々な色のピルギリュ(出典=フィックス・ヒア)

毎日、様々な色にさらされ、また色をデザインして生きていく人間。 何も考えずに服を着て色を均等にすると感じることができるが、実際にこの世界に見られるすべての色は、人間の身体と感情に影響を与える。 人間の感情や生理的反応に影響を与える信号として作用しながら、強力なコミュニケーションツールや同様なもの。

色と学業実行

また、調査によると、様々な色は、子供の学業成績にも影響を与えるとする。 人材開発協会(ATD)によると、2002年の学生を対象に、標準化されたパターン認識のテストを実施した結果、黒と白の以外の色を着色する際の実行スコアが5〜10%より高いことが分かった。 つまり、色と関連している時の記憶や学校の成績が5〜10%向上することができるという意味になる。

色と学業成績の関連性は、エリオットAJが発表した「色と心理的機能(Color psychological functioning)にもよく出ている。 ここには、赤い色が成果の達成に及ぼす影響が紹介されたが、試験前の赤い色を表示したり、露出された場合、学生の試験の成績は、さらに悪化する可能性があることが観察された。

当時の研究は、71人のアメリカの大学生を対象に行われたが、各参加者は、5分間の試験を受験前赤と緑の、あるいは黒などの特定の番号を付与しました。 その結果、赤の番号を付与された生徒のスコアは緑と黒を付与された学生よりも20%ほど低いことが分かった。 研究では、これに赤い色が達成という文脈での失敗のリスクと関連しており、回避動機を呼び起こすという仮説を立てた。

教育関連の研究機関であるシフトランニングによると、電磁スペクトルの一部である色は、純粋な形のエネルギー、波長、独自の磁場を持っており、脳の神経経路に影響を及ぼして生化学反応を起こす。 ロバートジェラルド博士も、すべての色は、特定の波長を持っており、それぞれの色は、人間の身体と脳に他の方法で影響を与えていると付け加えた。 これは、それぞれのすべての色は、人間の体と脳に特別な目的を持っているという意味で解釈することができる。

学業に役立つ色

緑はよくよく知られているように多くの人々が無理なく見ることができる快適な色とみなされる。 自然のままの色、そして自然を代表する色であるため、安らぎを与えてストレスを解消するのに役立つ。 これ集中力に最も効果的であるが、ドクソムル上の緑の透明かのせておけば読む速度と読解力が増加することができる。

青は水を連想させる色である。 これにより落ち着きと安全、静寂、安らぎなどを感じさせてくれる。 最も役立つ部分は、生産性の向上に、当日内に作業や勉強を終える感じをおおう。

多くの場合、派手で豪華な感じを与えることを許可するが、独創性と問題の解決に役立つ色である。

黄色とオレンジ色の

似たような感じのこの二つの色は、日の出と日没を連想させて幸福と暖かさを提供する役割をする。 特に創造性と悟りなどの事故に関連した人の関心を引く色である。

黒は特有の洗練ミミ神秘感などの感触を呼び起こす、知性やパワー、権威の象徴でありながら、同時に読書も有用である。

グレー

連帯感と実用性を呼び起こす色である。 また、黒のような強烈ことなく、目にも疲労感が少ないので、読書に有効である。

白は純粋さと純潔、中立性、平和、清潔などの肯定的な側面が多く目立つ色である。 一部では空で、クリーンなイメージのために、他のものとのバランスを達成することができる色で定義することもある。 また、リラックスして心をきれいに浄化させる感じもする。

色は、人間の脳の最も強力な刺激である。 情報が目と耳を介して人間の脳に入ってくると感覚記憶に保存されるが、このうち最も少ない量の情報だけを一度に記憶して注意を払うことができる。 そして興味を起こさせる情報があれば、最初に短期記憶装置に保存される。 この時、色というのは、脳が最初に気づくの情報となる。

米国生物情報センターによると、情報は、様々な制御過程の結果として長期記憶に移しれるが、これは特定の刺激の程度に左右されるので、人間がより重点を置く情報が長期記憶に保存される。

実際の色を勉強に活用している学生も多い。 例えば、自分のノートに色を塗るか、色があるマーカーを使用すること、あるいは色ごとにペンを備えてノートに重要な意味が込められた情報を、色に合わせて筆記する方法などである。 このように色は、学生の記憶力の向上と学力を引き上げることはもちろん、創造性を発揮するのにも大きな助けになる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!