Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]パプアニューギニアでオオトカゲ標本を再発見

/
/
/
写真:ピクサーベイ

パプアニューギニアの北のニューアイルランド島でウェントカゲが再び発見された。 オオトカゲは1823年の探査中の、フランスの動植物の研究がルネのレッスンが初めて発見され、モニタートカゲという名前を付けたものが知られている。

ところが1824年にフランスに戻っていたの喜望峰で船が難破した後、実験標本が失われて、科学者たちは、王トカゲに関する研究を行うことができなかった。

最近フィンランドのトゥルク大学の生物多様性研究所のヴァルター偽造とはパプアニューギニアの先住民族の地で、前述した実験の標本を再発見した。

偽造という「これは太平洋の島に住んでいた歴史的な動物群の遺物である。 このオオトカゲ実験標本は、多くの鳥や哺乳類より人間と共存する方がはるかに優れて」と言った。

偽造ラヌンヌンビスマルク島の王トカゲを数ヶ月に渡って調査したところだった。 オオトカゲは人が得難い人里離れた地域に住んでいる。

オーストラリアの動物学会はレッスンが約200年前に施行した研究を支援するために、王トカゲの標本の再発見を発表した。 偽造とによると、標本の研究を通じて、王トカゲの生態系とそれら処リスクをさらに詳しく研究することができるという。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!