Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]ヒアリ、トカゲにストレス誘発

/
/
/
写真出処:ウィキメディア

ヒアリがトカゲにストレスを誘発するという研究結果が出た。

米国ペンシルバニア州立大学の生物学教授であるトレーシー・ラングクライドと彼女の同僚研究者はフェンストカゲがヒアリの侵入と環境要因のためにストレス受けることの詳細を調べるために2つの実験を行った。

最初の実験は、トカゲの血液サンプルからホルモンコルチコステロンの量の変化を測定しながらトカゲがヒアリに短く露出されるようにすることだった。

その結果、トカゲのストレスは増加したが、他の環境要因も考慮する必要がありますのでヒアリだけがストレス上昇の原因だという証拠は不足している。

「直接さらさ実験はヒアリがトカゲのストレス要因であることを示したが、ストレスに貢献できる他の環境要因を排除していない。 だから、私たちは、可能な限り、他の環境要因を制御して、ヒアリが果たして上昇したストレスの主な原因である見ることにした。」とラングクライドは言った。

したがって、2番目の実験では、研究者はフェンストカゲの生息地を模倣して2つの環境を提供した。 一つは、ヒアリによって侵略された生息地であり、他の一つは、ヒアリがなかった。

ラングクライドと研究者は、ヒアリがフェンストカゲのストレスを誘発するとき、ヒアリと一緒にいるフェンストカゲのコルチコステロンレベルはヒアリがない環境に住んでいるフェンストカゲよりも低いという事実を発見した。

ランググライドは「この結果は、トカゲがヒアリによってストレスを受けていないことを意味することもあるが、それよりトカゲのストレス調節システムで何かが間違っているという意味で可能性が高い」と説明した。

ラングクライドは、直接ヒアリにさらされたフェンストカゲのコルチコステロンレベルが落ちた理由は、これらが巨大なストレスの下で神経系が壊れて、ストレスホルモンの追加生産を中断させるホルモン反応であるアロースターティック過負荷と説明した。

ラングクライドは「人間の技術の開発、高速道路の開発と他の種の侵入により、環境がますます不安になっている。 私たちは、侵入者の影響を知っておく必要が、他の環境ストレス要因の影響も知るべきである。 今はストレス要因の長期的な影響を予測することはできない」と強調した。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!