Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]ヘリコプター親の過保護、子供ハンマーは近道である

/
/
/

一部の親は、サドルだけ子供に執着して一挙手一投足干渉する。 幼児期に過剰保護を受けた子供は成長していく感情、衝動を制御する能力が落ち、学校生活に困難を経るという研究結果が発表された。 重要な点は、過剰な保護がなく、子供の自分の感情や行動の調節、状況を解決する方法を子供の頃から次第に学んいくということだ。

ヘリコプター親とは?

ヘリコプター親という用語を最初に使ったのはハイム基ナットコロンビア大学児童心理学者であった。 1969年の著書「親と十代の>で初めて使用された用語は、子供の成長過程に必要以上に介入し、制御しようとしな親を意味する。 ヘリコプター親は子供の自分の経験しなければなら日までの代わりにしてくれるか、または制御しようとしており、責任もなく、て与えようとする。 ヘリコプター養育方式は時には「過剰養育」と呼ばれたりもするが、これ子供の生活の中で親が過度に介入するという意味だ。 ヘリコプター親は子供を過保護したり、過度に制御する姿を見せる。

ヘリコプター親作る要因

育児「手札ロンチュ」によると、ヘリコプターの親になるには、いくつの理由がある。 特に以下の4つの共通の原因がきっかけとなる場合が多い。

1最悪のシナリオへの恐怖

日常で出くわすストレス要因や問題状況で子供を完全に保護することができないことから、親が感じる不安を意味する。 例えば、子供が欲しいスポーツチームのメンバーに選ばれていないか、良くない成績を受けること、または良い学校に入学していないことなどがそうである。 子供が困難を経験し、自分で良い親がないされたことが問題だと感じている。

2不安

他の人よりも一際不安傾向が高い親がいる。 家庭の経済状況から子供の物理的な安全性に至るまで、様々な不安を感じるこれらの子供がどのような険しいことや困難なことも経験しないように完全に保護しようとしており、少しでも子供が後で傷を負ったり失望することができる医師決定を下すように制御しようとしている。 子供が少しでも傷つけること心配になって、大人になるまで自転車に乗らないように防ぐのもその例だ。

3と補償

自ら子供の頃、親の愛を十分に受け取っていないか、または放置された経験がある場合は、親になって、自分が受け取っていない関心を子供にも与えようとする。 自らの成長過程で、不足していることを埋めるために過度なほど子供に関心を持って、子供の一挙手一投足を監視します。

4他の親たちから受ける圧迫

SNSで他人の人生を見ることができる、最近、さらに、このような要因が多い。 教育、外出、遊び方、料理など子供親密に関係を結んで子供のために、様々なことを気にしても親を見て、その行動に沿ってしようとしている。 一方では、同時に、自分がまだ不足している点を感じ、ストレス受けている。

結論としてヘリコプター育てることは得より糸が多い。 子供の認知、行動、情緒の発達に非常に有害な影響を与える。 ヘリコプター親は子供が成績で体験する様々な経験をそもそも遮断するので、最終的には子供自身の行動や感情を理解し、制御する機会さえ奪うことになる。 ヘリコプター親のもう一つの特徴は、子供を過剰保護するだけでなく、学業の成果も大きな関心を見せること。 いつも良い成績だけを受けることを期待しており、このように不適切な過剰子育ては、子供の自律性と個人の成長、批判的思考能力などを阻害することができる。

ヘリコプター養育する小学校時の適応が難しい

アメリカ心理学会が進行、「発達心理学ジャーナル」に掲載された新しい研究結果によると、過剰の保護、過剰制御性向を見せる親は子どもの初期の発達段階から否定的な影響を与えることができる。 ヘリコプター親を置いた子供たちは成長過程や学校で出会う問題を解決する能力が、そうでない子供よりも劣るということ。

研究の主な著者であるニコール・ペリー、ミネソタ大学博士は「自分の感情を制御し、調節する方法を学ばなかった子供は、学校での突発行動をする可能性が高く、デートにもより困難に苦しむ」と語った。 成長の過程で、子供は親を見て、問題の状況にどのように対処すべきかを学ぶ。 ところが、子供が負うべき責任までの代わりになってくれたり、さらには問題状況自体を遮断して経験しないようにする場合、子供は意のままにされていない状況になったら途方に知らなかったり、イライラを甘やかすの問題を解決しようとするものである。

一方、子供が適切な問題の状況を経験しするようにし、そのような状況でどのように対処すべきか、親が直接表示なら、子供の精神と身体の健康にも寄与して、子供が成長しながらより多くの成功、社会的関係を結んで学業的成果を達成することができている。

上記の研究の研究者は、422人の児童を8年間追跡観察し、子供が2歳、5歳、そして10歳になったとき、それぞれ子育ての結果を評価した。 調査対象となったのは、主に白人とアフリカ系アメリカ人家庭の児童であり、様々な経済的、文化的背景を持っていた。 研究チームは、直接親 – 子供の間の関係を観察したり、学校の先生の評価を参照してした。 また、「サイエンスデイリー」は、10歳の子供に限って子供の自主的な評価も反映したと伝えた。

研究チームは、2歳の頃、過剰制御性向の親の下で成長した子供は、5歳の時に他の子供よりも感情や行動の調節能力が低下したと発表した。 一方、5歳の頃過保護と過剰制御をしていない親の下で育った子供は10歳になったときのピアよりも感情を制御し、社会的関係を結ぶ能力が卓越しており、学校の成績もより良かった。

感情調節力育てサイクル

これらの資料をもとに、フェリー博士は困難または感情的に激昂した状況で、自分の心を落ち着かせて感情を治める方法を学んだ子供たちは、そうでない子供よりも複雑で複合的な学校の状況でのさまざまな問題に、よりよく対処できると結論付けた。

ヘリコプター親たちは、そのすべてが子供のためにだった、子供が幸せと成功した人生を生きることを願ってしたものと抗弁するかもしれない。 しかし、数多くの研究結果から分かるように、ヘリコプター育てることは、子供の幸せや成功とは正反対の結果を引き起こす。

子供のすべてを代わりにしてくれるうとしないで、むしろ子供の自分の感情や行動を制御することができるようにする方法を通知しなければならない。 自らの感情を理解するように指導して、問題を克服するには、どのように行動すべきか教えてあげなさいということ。 息を吸う、着色する、映画を見ること、音楽を聴くような肯定的な対処方法を提供することも有用である。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!