Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]一人暮らし、認知症のリスク高める

/
/
/
写真:ペックセルジュ

英国で一人暮らしが認知症のリスクを高めるという研究結果が発表された。

ロンドンのユニバーシティ・カレッジ(University College of London)で実施した認知症の発症への影響に関する14種類の研究によると、一人暮らしの認知症の原因となることができると明らかにした。

この研究では、65歳以上の人口80万人が参加し、一人暮らしをしている人たちは、認知症が発生する確率が42%に達するという統計資料を発表した。 特に未亡人は20%の認知症の発症率を示したのに対し、離婚した人は、認知症の症状を示さなかった。

世界保健機関(WHO)によると、認知症は、記憶力、思考力や行動に影響を与える慢性疾患である。

認知症の発生率は、今後数十年の間に増加する見込みである。 全世界の約1000万人の人々が認知症を患っており、認知症の患者数は大幅に増加し、2030年には7500万人、2050年には1億3200万人に達すると予想される。

英国認知症研究所のローラピップ博士は「結婚した人々は一般的に長く生き、よりよい健康を享受していることを示す多くの研究結果がある」と述べた。

ピップ博士は、パートナーと一緒に過ごすことが、脳が長い活発な状態を維持するように助けることができると勧告した。

ピップ博士は、パートナーが健康的な生活方式に参加するように勧めてお互いの世話をすることができる「社会的相互作用が認知能力を維持するのに役立つことができるという研究結果」を言及した。

独身者にも他の人との社会的相互作用することができる様々な方法がある。 家族、友人との一致である。 それでもパートナーと相互作用が一番効率的である。

ニューヨーク大学の社会学者で、研究者であるエリック大きいリネンバーグ(Eric Klinenberg)は「数十年の間に社会科学者たちは、社会のメンバー間のつながりがなくなって孤独なナルシシストゥが多くなる現象を心配した」と述べた。

サイモンペジェトはトロント線に掲載された文を通じて「健康と人間関係は統計に関するものではなく、自分に最も適したものを選択することと関連がある。 誰もが自分に有利と思われるすべてのことをする権利がある。 人生はレースではない。 結婚に興味がない場合は、少なくとも自分自身とのナルシズムに陥ることを警戒しなければならない」と強調した。

ピップ博士は「物理的な、精神的、社会的に活発に活動することは、健康な生活の重要な側面であり、結婚するかどうかに関係なく、すべての人が行うことができるものである。 健康を適切に管理することと円滑な人間関係を維持することは違う。 健康食品を食べて、十分な水を飲んで、安眠をとり、適切な運動をすることを確認しなければならない。 家族、友人との時間を送信する健康に役立つだろう」と勧告した。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!