Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]世界の少女の日、女性に向けた偏見と差別の禁止を

/
/
/

人類が誕生した後、から現在まで、女性は男性よりも柔らかく、弱いは根強い認識がある。 そして、女性は家事をする必要があり、子供を養育しなければならないというのが、まるで義務であるかのように固着されてきた。 これ自分のスキルを向上させ、自分自身に十分な機会を与えられていないということ。

これらの偏見と認識は何世紀も経っても変化に非常にのろい。 技術の進歩を目撃している現代でさえ、女性の権利と人権は差別されているからだが、これは今育つ子供たちにまで影響を及ぼしている。 例えば服着る方式や行動、話し方に制限をおくこと。

しかし、今の状況は徐々に変化している。 過去数年間、女性は社会フェミニズム運動を通じて社会的な規範と認識撤廃に努めてきており、最近では美闘士運動の拡散にセクハラと暴力など、より積極的に乗り出しているのだ。 これは娘を育てる親の役割の重要性もある覚醒させる。 偏った認識と男性中心の考え方から脱し女性としてまとも権利を享受できるように教えることができなければならない。

世界の少女の日

毎年10月11日UNが定めた世界の少女の日である。 世界中の人々が幼い女の子を祝うことで、これらの祝賀行事は、世界的に若い女性を支援して力を与えるくれるその目的がある。 今年のテーマは少女たちの逆境の克服に焦点を合わせた。

この国際的なイベントは、過去2012年のグローバル児童慈善団体であるプラン・インターナショナルで最も最初に始まったもので、団体は不平等と児童結婚と性ベース暴力のような若い女性に影響を与える問題を解決しなければならないという事実を強調している。 特にパスポートが低い発展途上国の場合、教育と医療、法律上の権利の促進が重要であると指摘した。

団体のこれらの思考と価値観をUNが受け入れを認めながら、今、国際的な行事に背伸びしている。 今年の場合、全世界的に女性の失業率が増加するなど、女性が直面した問題の解決を目指した。 また、女性が特定のキャリアを積むために必要な機会を禁止している先入観と偏見について深層の議論も必要だという立場だ。 UNは、Webサイトを介して各種のパートナーとの利害関係者が一堂に集まって関心を集めて投資することができるよう、1年間の努力を継続することがだろうと、これは少女たちの就職の可能性のための技術習得において最も緊急の機会と説明した。

てはいけないとファンド(Malala Fund)とガールズ鎌ブライズ(Gils Not Brides)などのお祝いに参加する各種団体も多い。 映画産業の巨人ディズニーさえ、今回のイベントに参加したが、特にUNの女性の慈善団体であるゴルオプ(Girl Up)と共同で、#DreqmBigPrincessという動画シリーズを発表した。 ここには、映画やビューティーなど、様々な産業分野で成功した女性が登場した。

ユニセフも若い女性が男性と同等の機会を得ることができなければならないと強調した。 事実、最近は技術不足のために、多くの女性が簡単に仕事を見つけられずにいるのが実情である。 これこれらに技術を開発することができる訓練と機会を提供し、投資することができる環境が造成されることがなければならない。 ユニセフは、これに包括的な教育と訓練へのアクセスを拡大し、女の子のための教育と学習の質、性応答性を向上させなければならないと指摘した。 特に障害のある少女たちの場合は、権限を付与するより包括的かつアクセス可能な学校を創出しなければならないというものである。 続いて女の子たちが男の子供たちのように技術を習得して雇用機会を持つのはまだ性差別的な固定観念と社会的規範が存在するとし、これを変えなければならないと付け加えた。

すべての娘に自尊心の向上を

前述のすべての努力を達成するためには、最初に親の役割と教育が先行されなければならない。 男性中心的な社会規範を撤廃し性差別的な偏見と先入観を破ることができる価値観を持つべきである。 同時に、女性が政治的、経済的、文化的な側面からの声を出すことができるということを学ぶことができる環境を造成することができなければならない。 親が娘の自尊心を高めることができるいくつかの方法を紹介する。

1.コミュニケーションスキルの構築:娘が自分の意見や感情を明らかに表現するように教えることができなければならない。 これは自信を高めることになる。

2.意思決定の役割付与:古くから多くの文化で唯一の男性だけが家と社会の中で重要な決定を下すよう権限を付与した。 これ親は娘を家族の意思決定過程に参加させ、自分の意思決定において技術を開発できるようにしなければならない。

3.リーダーシップの機会を提供:男性のみがリーダーシップを持つのではなく、女性にも優れたリーダーになることができると教えなければならない。 これは自信を持って向上だけでなく、他の女性にも、そのまま影響を与えることができる重要な教育である。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!