Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]主人と一緒に高校のアルバムにアップした人命救助犬

/
/
/
写真出処:Chiemsee2016(Pixabay)

ヘイリーブルロンクウィスト(17歳)は、高校学年末のアルバムで、彼女の隣に位置し、彼女の人命救助犬、ケイティを発見し、驚きと喜びを感じました。 犬は過去2年の間に、彼女と毎日学校に同行した。

ユタ州コルのノースサミット高校(North Summit High School)に通うブルロンクウィストは、「学年末アルバムどのページかにケイティの写真が載っているものと予想さものの写真のすぐ隣に「ケイティブルロンクウィスト」という名前をつけて掲載された写真を見たときは本当に驚いた」と所感を明らかにした。

ブルロンクウィストは、第1型糖尿病と診断を受けた2014年から危険な板をプレーしてい血糖値のために、病院の緊急治療室を行き来した。

彼女の診断の最初の年に数回の発作を経験し、彼女の親であるデスティニーとエクシルブルロンクウィストは、糖尿病患者の血糖値が高いか低いとき “警告する」訓練を受けた犬を育てることに決めた。

ケイティはブロックロンクウィストが家にいるとき、彼女にジュースボックスを取得またはブロックロンクウィストの左手または他の人の手に足をのせて血糖値が急激に変化したという事実を知らせてくれる。

ブルロンクウィストは、「ケイティがすでに6〜7回、私の命を救ったし、私たちがケイティを連れてきた以来、ヘイリーは、もはや怖い事件を経験しなかった。」と述べた。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!