Hit enter after type your search item
JP-Moontore

Discover the Magic of JP-Moontore: Where Memories are Made

[子育て]今年子育て関連の目標は、どこまでがルォトナ?…振り返る「実現可能な」子育てのヒント

/
/
/
637 Views

2018年度すでに半分に達しつつある。 新年が始まり、家族のために自分のために希望し、目標だったものはよく行われているかどうかを確認試みることができる時間である。

子供を持つ親なら、子どもの新学期やその他の養育の決意と意欲も多かったこと。 これ子供のための目標を立てて、これに合わせて効果的な子育てを実行するための努力を注ぎをは当然だ。 すべての親が、今年もこのような目標を達成するにはもう少し近づいて行くよう助けを与えることができる子育てのヒントを公開する。

目標設定の必要性

単に大勢の通り便乗するのではなく、自分だけのしっかりとした子育ての目標を設定することは非常に重要である。 これは生活のあらゆる側面は、特に家族の関連する問題において常に改善することができる部分が発生するためである。 これわずかいくつかのの養育目標を決定することは、親が家族にできる最善の意志や同じだ。 それ単純なものであれ、あるいは複雑なものであれ、親はいつも忍耐を持って子育てにおいて向上することができる部分を探して改善しようと努力しなければならない。

家族関連のライフスタイルを書いているブロガーは本当に重要な問題は、単に目標を達成するのではなく目標を設定すると述べた。 新年の決心は、1年を通して持続されなくても、少なくとも数日から数週間ほどは維持されるはずだ。 しかし、ほとんどは実現できる目標ではなく、現実的でない目標を設定して達成するために困難を経験する。 これ合理的で実現可能な目標を設定することが重要だという指摘だ。

これと関連し、一般的な親が養育や家族全体の生活の質を向上させる助けを与えることができる「合理的で賢明で実現可能な「子育ての目標を調べてみよう。

子供に向けた愛情表現

子供とキスして抱擁しても悪いものは一つもない。 親が子供に見える愛情表示は子供の成長過程に大きな影響を与える。 多くの子供は親からの感情的な愛情表現を渇望する用意が、これ親が子供にこのような愛の表示を示すことは全く問題になることはない。 子供が学校に行く前に、あるいは眠りに落ちる前に、毎日愛情の表現をすれば、子供は自分が親に愛されているという感じを受けることになり、精神的にも肯定的な影響を与えることができる。 「愛して」という言葉は、常にも足りない言葉ということを思い出してください。

健康的な生活習慣を共有

健康的なライフスタイルというのは、途方もする必要がない。 ただ家族がより健康に過ごせるように食事を軽く変えるだけすればよい。 ファーストフードの食品を食べる代わりに家で集まって直接調理された食事をするものである。 しかし、一貫性がなければならない。 子供が食事は家で家族と一緒にするという認識を持つようにすることが重要だからだ。 また、なるべく炭酸飲料やソーダなど党が多くは飲料などを避けることがいいのに、これらはすべて、肥満や行動障害、虫歯、睡眠障害、ADHDなどの多くの症状や病気を引き起こす原因となる。 代わりに水を摂取したり、直接果物や野菜で作ったスムージーを作って食べることがはるかに望ましい。

物静か維持

親がキレ声を高め子供たちに怒りを表出することは見方をすれば、非常に自然なことである。 厳しい一部の親は、子供を体罰したり、言語的な虐待を加えるもが、これはすべての子供の誤った行動に対する怒りの表示である。

しかし、今年からは、このようなすべての怒りの表示を自制し、代わりに息を深く吸い込むと、冷静さを保つようにしましょう。 怒りが毛先まで車上がっている怒りを表出する場合は、自分の健康状態からの助けはなるか分からないが、子供の精神的健康に悪影響だけ与えるだけだ。 このような状況では、誰も勝利することができない。 代わりに、差分ながら冷静で合理的な思考と考えて子供と接するすべての肯定的な結果を得ることができる。

良質の時間、スクリーンは遠く

すべてを子供と一緒に分けるのが良い。 それおやつを食べる時間でも、あるいは散歩をする時間も、あるいは食事を準備したり、自転車にのように乗るなど、毎日子供と20分以上一対一で顔を見合わせながら良質の時間を送信するように努力しなければならない。

ただし、映画やTV番組、あるいはインターネットのビデオを見ることは、その内容を問わず、良くない方法であることを思い出してください。 これは、子供と親の間の関係にあり、絆が強化されるとは全く別のことだ。 また、コンピュータやTV、スマートフォン、ビデオゲーム、タブレットなど、すべての電子機器のスクリーンを長時間見ることは子供の健康にも非常によくない。 これは睡眠障害と肥満、身体活動不良、行動障害を起こす原因として作用する。 子供一桁にただ座っている代わりに、活動的な何かを一緒にすることが最も好ましい。

関心と観察

観察に子供の世話をするのは、養育にとって非常に重要である。 子供の行動が正しくないと感じる時が非常に多いが、このような視点から、親が常に子供をきちんと教えて世話をすることができるわけではない。 しかし、親であれば、子供が常に親を必要とすることを知るべきである。 子供が混乱であったり不快感を感じたり、あるいは異常に静かになる傾向を示すならば、これは子供が親に何かを言ってたい信号や同じだ。 これを無視したり、見落としてはならない。 すぐに自分がいたすべてのことを停止し、子供の目に戻ってまま会話をしなければならない時点だからだ。

現在までに、このようなことに疎かたら、今からでも子供が一人で苦しんで問題を背負うことに放っておかないようにしましょう。 子供がいつもより悲しみながら一人の時間を送ったり、あるいは気まぐれに話をないしはか詳細に観察して調べた後に問題を把握するのが良い。 よりよい親になりたい場合に、常に子供を横から見必要なときにその場にいてなければならない。

子供の成長に役立つ教え

大人はすでに、すべての面で成熟した存在だ。 仕事を介してお金を儲け、外観を育て、新しいことを学ぶことに重点を置きながら、自分の価値をさらに向上させようと努力する。 しかし、子供の人生も、親が耕作していくべき役割である。 子供が自分の人生陳腐であると感じないように子供に達成することができる目標や夢を植え付けることが重要である。

例えば、子供が勉強するときに活用できるルールやスケジュールを作成学力を体験できるように教えてくれるのだ。 あるいは学校やその他の社会活動でより良い人間関係を結ぶことができるよう、適切な社会的方式を教えてくれることもある。 他にも運動や食事の準備、家事、さらに親の職業など親が仕事にすべての参加させ、なぜこのような活動をするのかの論理を理解するにするのもいい。 親が仕事を子供が一緒にして理解すれば、これ絆だけでなく、子供がどのように生活を生きていくかの青写真も用意してくれることができる。

このような一連の教えから子供はまたミスや敗北にも慣れることができなければならない。 すべての人間はミスすることができ、そのような失敗に失敗を経ることができるということを理解すれば、これは、子供がさらに成長しているという証拠になる。

育児関連の本読んで勉強する

育てることは、地球上のすべての親が、基本的な仕事と同時に、非常に重要なことである。 しかし、誰もこれを専門教育を受けて実行することはない。 これ教えてくれる専門学校ももちろんない。 ほとんどの親は、子供と関連した養育アドバイスを友人や家族、あるいは他の親からの依存する状態が、自らの子育てに役立つ資料を見つけて勉強することも有用である。

本を読んで学習することは最も基本的な生活の一部分である。 育児も、このような学習を通して学ぶことができるということを知るべきである。 忙しい時間を割いて、育児の専門書籍を読む、自分がしていた経験と照らし何が間違ってされて、適切な行動であることを区別することができる能力を養うことができる。

最後に、育児は本人の分け前

最も重要なことは、育児は育児に過ぎないということ。 複雑なものではなく、シンプルで賢明に自分のしていくことができるということを思い出してください。 他の親や専門家に過度に依存する代わりに、自分の期待に応えて、自分の選択を信じて姿勢が必要である。 まさに自分の家族は、他の誰よりも自分がよく知っているからだ。

自分の選択を信頼して家族に最善の方法だと思っていることを実行するために移すことが重要である。 親であることは非常につらいことであり、時には人生の中で最も過酷な仕事ができる。 これは完璧になる必要はない。 本当に重要だと信じていることを実行し、これを余裕を持って楽しめばいい。

This div height required for enabling the sticky sidebar
JP-Moontore
Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :