Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]他の子供の誤った行動、目撃した場合は?

/
/
/

子供をしつけることは難しいことである。 特に子供ではなく、他人の子供をしつけることはより困難である。 成人として他の子供が不適切な行動する瞬間に直面する場合が多いが、これを正すために自称するのは容易ではないからだ。 しかし、成長した子供たちは、いつでも意識せずに正しくない行動をすることが多い。 特異このような行動が危険または有害ならば、それだけ守って見るだけのも正しくない。

これらの事心配している親がいる場合は、一度は行動をとることが最も良い点を留意しなければならない。 親がない限り、大人として子供が行動する方法に自分の社会的責任も付いあることを確認すると、心がいっそう楽にすることができる。 ただし、重度の懲戒ではなく、他の正の方向にしつけなければならない。

親ではなく、大人としてのしつけ

自分の子供ではなく、他の子供たちに間違ったの有無を言うことは非常に厳しいことである。 一部の親は、これを自分の子育てへの攻撃や批判と受け入れることができるからである。 これ親はまったく知らないふりをして関心を持たないこともある。 実際、米国今日のショーが実施したアンケート調査によると、親の約52%だけが、他の子供をしつけすること賛成票を投じた。

しかし、注意深く見ることは学校の教師から懲戒やしつけを受けることは、親が積極的に批判を加えないものである。 これは、学校や教師という特殊性により、教師の権利と義務に受け入れられる。 これにより、教師という職業に関係なく、子供の誤った行動には、大人として、その結果と責任を持つようにすることが重要だという認識を持つのが良い。

また、すでに脅威的で危険な状況を目撃した場合は、直ちにその加害者の子供をしつけることが望ましい。 例えば物を投げたり、相手を押すか、または殴るなど他の子供たちを害することができる行動や攻撃的な行動が見える時に、ちょうど知らないふりをして、他の被害者が生じることも、これを防止するために介入することがさらに賢明である。

他にも、自宅で過激に遊びながら、他の物品を破壊したり、乱す場合も発生することがあります。 この時もやはり親が介入するべきなのに、子どもは親が自分だけでなく、他の同年代の子供にもしつけをする姿を見ながら、その行動が絶対容認できないことよりよく実現することができる。 そして子供たちに他人の家で守らなければなら規律を遵守するようにするのがよい。 もしルールを守らなかった場合、やはりすぐに介入して何が間違ってたのかすぐに知らせることができなければならない。 これにより、子供たちは他人の家が自分の家と異なり、自分が守るべきルールがあることを実現することができる。

日々深刻化しているいじめも地域社会や学校で大きな問題となっている。 ソーシャルメディアを通じたサイバーいじめも増加する傾向であり、このようないじめを目撃したときは、より大きな問題を起こさないように、事前に行動を矯正することができなければならない。 いじめやいじめは、地域社会全体に影響を与える可能性があることを念頭して、いつでも自分の子供が被害者になることができるという事実を見落としてはならない。

子供の行動矯正方案

一度介入をしたら、すぐに悪い行動を正すことができなければならない。 しかし、実際に簡単ではないのに、子供​​たちに自分が何を間違ったのかを知るようにして、そのような誤ってからどのような結果がもたらされるかを知らせる必要がありするからである。 また、このような行動は、親の責任もすることができており、思わず越えてはならない。

そのためには、非常に落ち着いながらも、同時に、断固かつ確信的な態度を子供に反応しなければならない。 その子供にその行動をした原因と、その行動によりもたらされる結果について質問する必要がありますが、ここで最も重要なのは、子供が自分の行動のために他の人に与える影響を適切に把握することができなければならないというものである。 そうず、ただ自分を責めは親だけ悪い人で追い込むことができる。

また、大人として子供たちにこのような行動をとることができようにする自分が先に模範的な行動を示すことが必要である。 そして、自分の子供も間違ったことがあれば、他の親からいつでもしつけを受けられるようにしなければならない。 このように、親たちはお互いの情報を共有し、助けながらしっかり教育された子供のコミュニティを形成することができる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!