Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]他の文化で育った子供たちは、不安や憂鬱やすく

/
/
/

元住んでいた所を離れて他の文化に住んでい子供は精神疾患に多く露出されるという主張が提起された。 「第3の文化:世界の中で生きていく(Third Culture Kids:Growing Up Among World)」の共著者ヴァン理研は変化に富んだ文化で育った子供は、他の文化で生き経験した問題が適切に解消されない場合、大人になったとき不安と抑うつのような症状を抱えて生きていくと警告した。

理研は、元の育った文化から抜け出し、他の場所で育つ子供は分離喪失感を感じたり、友人や家族と別れて、好きで慣れていた場所を離れることができず、経験になると説明した。 子供は、自分が慣れて好きだった部分を失う経験を繰り返しながら喪失感が大きくたまっ大きな悲しみを感じるようになる。

理研は、このような子供の成長期と、経験した喪失感を心の中に囲んでいる置くだけして、これを適切に解消させなかったアイが存在すると述べた。 これらの子供は、自分が生きている人生どのように特別なのかについて周りの人からもなく聞くので、成長期の時に経験した痛みを正しく表現できないようになる。

理研は、他の文化に生きるアイが元の住んでいたところとは正反対の環境に投げつけられ、今まさに慣れ始めた世界との別れをする時間すら持たないと述べた。 彼は変化の状況を正しく受け入れる時間さえ持たないアイが元住んでいたところを離れると、まるで全世界が自分を捨てたような感じを受けると指摘した。

TEDで「どこ借りて(Where is home)?」と題して講演をしたピコ・アヤはアイウル含めて出身国以外の文化で生きる人々が2億2,000万人に達すると明らかにした。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!