Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]個人主義世界的に増加する

/
/
/
写真:Flickrの

最近行われた研究によると、過去51年の間に78カ国で収集されたデータを分析した結果、個人主義が全世界的に拡散されたという結果を得た。

1960年から2011年までの個人主義的慣行と価値は12%増加したことが分かった。特に、離婚や独居のような個人的な慣習が大きく増加したことが分かった。

個人主義が増加していない国は、アフリカとアジアの4つの発展途上国であるカメルーン、マレーシア、マラウイ、マリだけである。

残りの53カ国のうち39カ国の人々は、家族よりも友人に、より高い価値を与え、子供たちに独立心を強調し、メディアの自由を訴えるなどの個人的な価値観が大幅に増加した。

個人主義を変化させた要因

研究チームのアンリ・サントスは、人々がこれまでなぜ個人主義的性向に変わったのかの理由を調査した。

研究チームは、社会的、経済的開発、天災、激しい気候と伝染病など社会のさまざまな要素が個人主義と関連しているかどうか、長い間調査した。

その結果、個人主義的性向に変わった理由は、教育の普及、所得の増加、事務職の割合の増加と明らかにした。 個人主義の価値観の増加がないほとんどの国は、所得、雇用などの変化がなかった国であった。

研究サントスは「従来とは違って豊富でない国や北アメリカと欧州以外の地域でも、個人主義の価値観を持った人々が多くなる傾向にある」と述べた。

研究で個人主義とみなされる価値観を測定するために家の規模、離婚率、一人暮らし

人々の数などがデータ収集のリストに含まれる。

サントスは、様々な国の社会専門家に個人主義が、それぞれの国でどのように普及されたかについてより深く研究して調査することを勧告した。

また、他の研究者イゴール・グロスだけは「後の人々がより個性を引き立てる文化的な変化のための今後の研究を進める計画だ」と明らかにした。

研究者たちが重点を置くことを希望する変化では移住、人種変化、世界的な規模の個人主義の潜在的な影響などがある。

この研究では、エリック・クライアントネンバーグとルナシンプソンの研究を引用した。

クライネンバーグは、米国の一人暮らしの文化が政治や経済に及ぼす影響を調査した。 その結果、1950年当時、米国の全人口の22%が独身者であったが、現在は28%で独身が増加した。

米国の成人の7人に1人、つまり3000万人一人住んでいて、大人2人のうち1人は独身で明らかになった。

クライアントネンバーグによると、一人で住んでいる人が孤独孤立しているという伝統的な信仰とは異なり、一人で住んでいることを好む人がますます増えてきている。

しかし、彼は一人暮らしする人は結婚した人よりも、社会活動や市民活動がより多いと指摘した。

むしろ家を設けた人々に比べて、彼らは外食したり、運動をして、美術の授業と音楽の授業に出席するだけでなく、公開行事や講演に参加する可能性がより高い。

また、ボランティアの多く参加する。 最近の研究によると、独居する人々は家を設けた人々よりも精神的健康が良い。

研究結果によると、伝統的な方法で家をつくると生きる人生と自分で自由に生きる人生の間の折衷案が必要である。

研究者たちは、機会は義務ではないと指摘する。 チャンスがあるので、人々が一人で遠く離れてこそする場合は、家族や一緒に育つ人と一緒に住みたいと思わないわけではないと指摘した。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!