Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]偏食、子どもの性格に応じて生じる

/
/
/
写真出処:ピクサーベイ

子供は成長し、偏食の習慣が生じる可能性が高い。 偏食がひどい子供を持つ親は、新しい食べ物を供給のに困難を経験したりする。

しかし、子供の性格に応じて、将来的には、偏食の有無を知ることができ、また、子供ができないことが多いほど食べ物を拒否したり、偏食する確率が高くなることがあるという研究結果が発表された。

この研究の主執筆者であり、コロラド大学で博士課程を踏んでいるキャメロンモディン(Kameron Moding)は「どのような幼児は、新しいものに積極的に反応する一方、他の幼児は、同じ刺激に拒否して負帰還を見られる」と述べた。

研究者は、18ヶ月の幼児が新しい食品や新しいおもちゃにどのように反応したのかを観察した。 その結果、新しいおもちゃについて消極的な幼児は、新しい食品をあまり受け入れた。 つまり性格や食べ物への反応との間の関連性があることを提示した。

モディンは「これは子供が石にのみ起こることではなく、6ヶ月後に、新しいターゲットの反応を予測することができた。 また、石までの発達面が継続的につながった」と付け加えた。

モディンは、研究結果を言及して “大変ても親は子供に様々な料理を与えることを放棄してはならない」と述べた。

今回の研究結果は、幼児の発達(Child Development)という雑誌に発表された。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!