Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]兄弟姉妹がお互いに戦っている理由とその影響

/
/
/
写真:ペクセル社

子供の頃の兄弟姉妹が些細なことを置いて争うことは非常に一般的なことである。 お互い大切に元気そうだが、図帰っ書面戦う。

親の立場であれば、子供たちがお互いに戦う姿を見るのが画家出たりして、非常に失望だという感じをクリア難しいだろう。

しかし、いくつかの子供を持つ親は、兄弟姉妹が何らかの理由で戦うか、そして戦いが出たときはどうすればこれを乾燥することができているかを知る必要がある。

兄弟姉妹の間の競争心は二番目の子供が生まれる前から始まる。 二人以上の子供たちが一緒に育つ場合、その過程で限定的な親の関心とおもちゃなどを置いて互いに戦うことになる。

これは子供が育つ間、親と過ごす時間よりも兄弟や姉妹と過ごす時間が多いためで、成長期間内の親が子供を接し方、生まれた順、家庭の雰囲気、そして性格の違いなどが影響を及ぼし、兄弟姉妹の間の関係が形成される。 兄弟姉妹が年齢差が多く出ず性別が同じで、両方とも脳明晰ほど互いに戦うされる場合が多くなることが明らかになった。

子供が互いに戦うの原因として作用するもう一つは、両方の一人が病気や知能障害、特別な保護とより多くの親の関心が必要なときである。

この場合、相対的に保護と関心をあまり受ける子が他の子供に嫉妬心を感じることができ、親の関心を占めるためにどのような行動を取ろうとするものである。

このような事実を脇に置くとしても、親は子供を相互に比較時もありますが、この場合は、子供は親の愛から、学校の成績まですべてを置いて互いに競争しようとしている。

兄弟間の競争心理が子供の頃に解消されていない場合は、通常、大きな子の小さな子を相手に身体的虐待や言葉による虐待をほしいままにする兄弟姉妹の間で虐待につながることができる。

この場合、兄弟や姉妹から虐待を受けた子供が今溶解性行動を示すことができ、ひどい場合は、お互いを傷つける状況に至ることができる。

親は子供がよく成長することだけでなく、お互いによくやっていくことに大きな責任を負っている。 したがって、親はいくら子供の性格が異なっても、そのいずれかだけに関心を注ぐことを避けるべきである。

また、子供たちが親にとって、自分たちが大切な存在であることを悟ることができ子供一人一人に気をチャネリングする。

すでに子供を置いており、第二の出産を待っている場合は、最初の子供も二番目の子供を家族として受け入れるために一緒に参加するようにしなければならない。 このような過程を経最初の子供が第二子を競争相手ではなく、保護すべき対象に受け入れられる。

もちろん、すべての兄弟姉妹が戦うだけで通るわけではない。 兄弟姉妹の関係がどのような状況に置かれている場合でも、すべて同じ家族として、お互いを愛する方法を学ばなければならない。

また、親が家庭での肯定的な姿を見せて子供たちに模範をする必要があり、これを見て学んだ子どもたちは、育っ出前向きな姿勢を維持し、自分の子供たちにも積極的な態度を継承ことになる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!