Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]冥王星を越えて地球ほどの惑星が存在する可能性が高い。

/
/
/
写真出処:DasWotgewand / Pixabay

科学者たちは、最近の研究を通じて、冥王星の向こう側に位置するカイパーベルト地域(Kuiper Belt)に、地球や火星と同様のサイズの惑星が存在する可能性が高いと発表した。

アリゾナ大学月や惑星研究所(LPL)の研究者は遠い距離にあり、平均的に太陽系の不変の面と呼ばれる太陽を中心に傾いた軌道を描いて回るカイパーベルトの地域内に存在する小惑星の(KBO)を研究した結果、他の惑星の存在を確認したと発表した。

この研究の共著者であり、LPL所属レーヌマルホトラ(Renu Malhotra)惑星科学分野教授は、「高速で回転するコマがたくさんあると想像して、回転するコマを軽く触れる与える考えてみてその後のスナップショットを撮ると、回転軸この他の方向を向いますが、平均的に、地球の重力場に向かうだろう。 KBOの軌道軸が異なる角度に向けると考えに平均的には軌道は、太陽と大きな惑星によって決定される面に垂直になる方向に向かうだろう」と述べた。

しかし、最も遠い距離にあるKBOの軌道が太陽系不変の面と8度ずれていることを研究者が発見した。 これは、小さなサイズのKBOを重力場の中に引き込むより大きな物体があることを示唆しました。

この研究の主任研究員であり、博士後課程のキャットボーク(Kat Volk)は、「目に見えない質量が存在することが私達が観測した結果に最も適した説明になるだろう」と語った。

また、「計算された結果によると、その小惑星の軌道をフィゲクム作るには、火星ほどの質量を持った何かが必​​要だ」と付け加えた。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!