Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]前NASAの管理者、「SpaceX」の目標「とんでもない」と伝え

/
/
/

民間宇宙会社、スペースXは古くから宇宙船と月を往復するという目標を立てた。

これ専門家は、商業、民間宇宙企業が近い将来に旅行を乗せ月まで行くには、スペースXの目標の見通しがいいと話している。

スペースXのCEO兼創設者イーロン・マスク(Elon Musk)は、彼の会社が2018年末までに、既に経費を支払った2人の顧客を乗せ月周辺を回る1週間の宇宙往復を開始することの目標を発表した。

これに対してねじのスペースシャトルプログラムを引き受けたネジの前のプロジェクト担当者であるウェイン・ヘイル(Wayne Hale)は、「スペースXは、人々を自分たちが言った目標仕事現在の間の短い期間内に、自分たちが計画していることが簡単に行われること錯覚にパトゥリョソはならない」とした。

ヘイルは「今日の技術にもかかわらず、月に向かって有人宇宙船を打ち上げることはまだ難しく、非常に危険な課題であり、私はあなたが誰だったかの間に、これ変わらない事実である」と述べた。

彼は2010年にNASAから引退し、現在はコロラド州にある民間のエンジニアリング会社である「Special Aerospace Services」で有人宇宙飛行を監督している。

ヘイルは税金サポートを受ける公共機関NASAがスペースXが計画していることを引き受けたなら、計画の実行をこれほどまでに非常に積極的かつ迅速に推進することはないと述べた。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!