Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]効果的なしつけのために「外出禁止」時守るべき原則

/
/
/

いくら子供がきれいグィヘも、何でも来るのか来るのかだけで育てることはできない法。 だから愛と枚を惜しまなという話もある。 しかし、最近では、間違ってたとしても枚を持ち上げるよりは、外出禁止のような適当なスーツを与える親が多い。 子供たちに外出禁止罰を下すときに、次のようなものを知っておくと、より効果的なしつけが可能であり、子供たちも外出禁止の趣旨を理解し、自分の行動を振り返るきっかけになることがある。

外出禁止とは何であり、どのような効果があるのか?

キッズ動作(Kids Behaviour)が言うように、多くの親が子供をしつけする方式の一つで外出禁止を使用する。 これは特に、10代の若者に有効である。 もう何十年も前から多くの家庭で外出禁止を子供のしつけ方法で認識して使用している。

外出禁止と基本的に子供が一定期間友達と会うこと、あるいはまったく家の外に外出することを禁止する続きである。 子供がならないこと行動をしたとき、友人の家で夜遅くまで開かれるパーティーに行くようにする式である。 あるいは家にあってもTV視聴を禁止したり、携帯電話を使用しないようにして、最初から外の世界との接触を遮断する場合もある。

基本的には、子供をしつけするためには、子がよくなることを願う心に行動だろうが、いくつかの親の中には外出禁止自体にもこだわった、残りの肝心こと、だから何のために外出禁止をしているかを忘れている場合もある。 子供と口論をしてかっと心に、感情的外出を禁止することは、全く役に立たないばかりか、反発だけで生きるだけだ。 下手親と子の間の信頼にひびが行くことができる。 当然子供をしつけという本来の目的が達成できない。

外出禁止するとき守るべき原則

子供を最もよく知っているのは、親だから、子供に性格や状況を考慮して外出禁止の面が多少異なることはできる。 したがって、ここで提示する原則に従うが、具体的な内容は、親の裁量で判断することが重要である。 何よりも、子供自身なぜ外出禁止をしていることを理解することが重要である。 ベリーウェルマインドはしつけ戦略的に外出禁止をしたときに守らなければならない原則を次のように説明した。

「外出禁止、「正確にどこまで禁止するかどうかは明らかにしてください

外出が禁止された時、子供ができること、できないことの範囲を明らかにする必要があります。 ただ外にのみなら出て行けばか、その前から楽しみにしてきたパーティーにも行くことができないのか、電子機器の使用は、どの程度まで許容されるかだ。 例えば、この週末に行くことになっていた友人の誕生日パーティーはどうするのか? このように、外出禁止といっても、その程度や面が非常に多様である。 外出禁止令を下すとき、できるだけこのような部分を詳しく定めるのが良い。 もちろんこれは、子供が犯した過ちの深刻や、子供の性格、状況に応じて、親が柔軟に調整することができる部分である。

外出禁止といって、必ずしも「家の外に出て行くこと」だけ禁止されるものではない。 学校外の場所で友人と会うこと、サークル活動やコミュニティイベントに参加すること、運動や公園散策のように週末ごとに友達と会っていた活動を制限すること、家の中でTV視聴やスマートフォンの使用などを数日間禁止することなどもすべて「外出禁止」のカテゴリに含まれることができる。

子供にあなたは何を間違ったし、それによってどの程度の外出禁止を受けるようになるのかを明確に説明してあげよう。 外出禁止をするときは、可能な限り断固ながらも感情が載っていない口調で言う方がいい。 よう子供たちも親が本当に真剣であることを認知する。 また、外出禁止は、最終的に子供のためのものであること、子供にも理解させるようにしましょう。

端的な例として、家で門限を決めておいた状況だとしましょう。 夜10時前には必ず家に入らなければならないと子供との約束がされた状況である。 実際にこの時間が過ぎ家に入ってくる場合には、特に真夜中を過ぎて帰宅する場合、危険なことは事実である。 もし門限を明確に定義したにもかかわらず、子供が、その時間を破ったら、それは外出を禁止しても、子供も納得だ。 そして今後は、外出禁止れる可能性があると考えに門限をより気にしておく。 このように明確な基準を持って、子供を理解させ、外出禁止を適用した場合の感情の消費を最小限に抑えて誤った行動をしつけすることができる。

罰ルール決めるとき、子供も一緒にしなければなら

外出禁止の基準や関連規則を定めるとき、子供の意見も反映しているのが良い。 自分の過ちについてもう一度考えるきっかけになるだけではなく、処罰を決定する過程で、子供自身に直接関与したため、これを受け入れることは、はるかに容易である。 これにより、自分の行動や約束に責任を負うことを知っている大人に成長することになるだろう。

機会があれば、子供と一緒に座って子供が阻止をするかもしれない間違っをリストに作成してみなさい。 そして、あなたが考えるに、そのような行動に適した処罰はどの程度なのかを話して、また子供の考えはどうか聞いてみよう。 実際過ちを犯し前に、このようなルールを決めておけば、後で本当にそのような過ちを犯したとき腹立ちまぎれに、衝動的に子供に罰を与えて後悔することを防止することができる。

外出禁止、あまりにも長い間と得より糸が大きい

外出禁止期間が過度に長くなる場合、むしろ処罰の本来の趣旨は忘れ肥後、反発だけ育てることができる。 また、子供にも友人関係や対人関係が重要であることを忘れないように。 あまりにも長い間、子供の人間関係を遮断してみると得より糸がより大きくなることもある。 外出禁止はいくら長くても2〜3週間を超えないようにして、一ヶ月以上続く場合、むしろ逆効果をもたらすことができていることを思い出してください。

外出禁止期間良い行動をすると報酬として期間を削減することも一つの方法である。 家事を手伝ったり用事をしたり、学校の宿題や予習復習を着実にすると外出禁止期間を減らしてくれるものである。 もちろんこれはあくまで期間を「減らす」こととどめるか、どんなに悪いことをしても、家事だけちょっとすればまっすぐ解除されることがあるとの認識を植えてくれては困る。

上記の原則をよく守って上とハチのバランスを維持するだけであれば、外出禁止は子供をしつけする非常に効果的な方法になることがあります。 これにより、子供は親が決めたルールを理解し、尊重することになるだろう、自分がしてもされている行動がどこまでなのかを知ることになる。 これはまた、子供が責任ある大人に成長のために非常に重要なことでもある。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!