Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]効果的なしつけのための10の方法

/
/
/

時には子供が癖なく行動したり、親の言葉は全く通じない時がある。 このような時、子供よりも大きな声で叫んでいるか罰を下すのが効果的なのか? 瞬間は静かだろうが、実際に長期的には、むしろ効果がない。 では、どのようしつけが必要だろうか?

マインドコーチ兼ジャーナリストキャサリンレイノルズルイスは「いくつかの子供たちは、混乱状態で失礼し、集中力が欠けている」と述べている。 ルイスは子供の幸せ度に警戒心を感じ統計を取り始めた。 その結果、18歳の子供の50%は、薬物乱用の問題や気持ちや行動障害あることを確認した。

ルイスは、「子どもたちは、自分の感情や行動、思考を制御する方法を知らないので教えなければならない」と強調した。 そして、自分が収集した研究資料と統計データをもとに、「いたずらな行動についての良いニュース(The Good News About Bad Behavior)」という本を発表した。 彼は子供のいたずら行為をゴチギルたい親なら従うべき10の方法を次のように提示した。

1タイムアウトは省略する

ルイスは続きは効果がないと述べた。 続きは力がある親が力がない子供を制御するための一種の手段に過ぎないと付け加えた。 罰を暗示する言葉ではなく、子供に他人に権限を行使し、制御しようとするのはいいことだと思うようにするというものである。 そして子供は、権限と統制力のある人になるように願うようになる。

タイムアウトの方法を使用すれば、子供はその時に、自分のどのような行動が原因で親が怒っているのか、そして親に近付くことができる方法は何なのか考えられるが、ルイスはタイムアウトは省略しなければならないと強調した。 家族は、事前に子供が何を犯したときにどのような措置をとるかどうかを事前に合意しなければならないと述べた。 つまり、子供自身が自分のミスを正すためにどんなことをするのか考えるようにしなければならないというものである。

2子供のそばで感情調節を助ける

親と子供は同じ空間にいながら、1〜2分間のように息を均等に開始する。 そして子供の肩に手を乗せて抱いてたいと思うか聞いてみよう。 子供のそばに一緒にいてくれて気持ちをコントロールできるように助けてくれればすぐに静めることができる。 事故チン子供を部屋に一人で置くことはお勧めするほどの案ではない。 否定的な感情が長く持続することができるからである。

▲親と子の絆は重要な育児方法である(出典=フィックス・ヒア)

3過ちを修理する前絆を結ぶことが優先だ

子供が間違ったことを犯せば、絆を結ぶ前に、間違ったことを直そう持って非難する。 しかし、子供をすぐに非難するのは、うつ病と摂食障害を引き起こすことができる。 親が最初にしなければならすることは子供絆を結ぶものである。

4子供たちに簡単な家事をさせよう

子供に弟を世話したり、簡単な家事をさせると、「家族の一体感」を感じさせることができる。 簡単なことの努力の影響を知ることができるので大人になった時にも幸福感を知ることができる。

5期待感を在庫しましょう

子供が幼いときに優れた学者や能力のある運動選手、才能のある音楽、ガーナの天才芸術家になることを願う。 親が達成のみに焦点を当てる場合、子供は他人を助けようとする心を育てることができない。 つまり、成果のみ価値を置くあまり、他の精神的健康は損なわれるだろう。 親が達成だけを認めようとするなら、子供は人間としての目標は、持つことができない。 計画を立てる法や時間管理、紛争管理、感情管理法などを教えることも立派な教育ということを知るべきである。

6簡単にする方法は教えない

子供たちが仕事を簡単にしようとすれば、成功的能力を積むことができ、精神的に健康になることができることを学ぶのをあきらめないという意味だ。 子供の時間を管理しようとせず、自分でできるようになりべきである。 もしミスを犯した場合には、その結果により、何か学ぶことができるよう作成される。 宿題は親のものではなく、子供自身のものである。

7 TV、スマートフォン視聴時間を制限する

技術とスマートフォン、コンピュータの発達は子供に大きな影響を及ぼしている。 スマートフォンを使用しても、宿題やすべきことを終えた後、最大1時間半以内の時間を調節しなければならない。 子供が自分を制御することができるように手伝ってくれ技術に依存しないようにする。

▲ビデオゲームをしている子供(出典= NSPCC)

8失敗を眺める視点を見てみよう

子供たちは凹凸のある道を乗り越えていかなければならない。 数学の試験を台無しに意気消沈する時もあり、ランニングで1等をして帰ってきた日は気持ちが飛んだ。 親は子供が失敗を複数の視点や肯定的な観点で見ることができるよう支援することができる。 肯定的な気持ちは、子供たちが人生を生きながら、一生使える知恵になることがあります。

9「幸せ」を目標に取り除く

ルイスは幸福感で不便な真実を発見した。 幸福感とは、争いや葛藤から逃れるためと考えということである。 成人の生活を振り返ってみると、最も難しかった状況で多くのことを学び、克服したときに、その経験を誇りに思っている。 ルイスは、親が子供に幸福感はなく、親切に教えなければならないと主張した。 親切を備えた子供は幸福感への道を知っているからだという。

10制御を緩くする必要がある

危機的状況や自己調節が必要な瞬間に制御を緩くする必要がある。 自分自身を管理して自己制御方法を学ばなければならないからだ。 親が子供のすべてを制御しようという考えは捨てなければならない。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!