Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]勉強する嫌いの子供、動機には?

/
/
/

すべての親が子供に最も必要なのがあるか? すぐに勉強よくする子供にコトウミョンを目指すだろう。 しかし、子供の心は常に親とずれものだ。 勉強に興味を示さない子供、どのように変化させるか?

勉強は退屈?

親にとって、子供の学習の成果は非常に重要な成功の指標である。 子供が大きく実力を認められて成功している姿を見るためには、すぐに現在している勉強で良いスコアを受けなければならないからだ。 これもし自分の子供が学校の授業にあまり関心を示さないか、または学ぶこと自体に興味がないように見える場合は、これは非常に失望に近づくことができる。 しかし、絶望するには余りにも早い。 子供が学校でよく学び、勉強する方法を会得したがらなくても、常に講じ本はあるもの!

子供のような行動が全く異常のない理由は、実際に多くの学生が勉強自体を無限退屈な活動と考えているからだが、むしろ学習技術が不足している子供を助けることは、学生だけでなく、親や教師にも大きな利益をもたらす与えることができる。 これあきらめず、子供がより良い学習習慣や技術を開発することができるよう意欲をしてくれる方がいい。 すぐに子供に学びの楽しさを示すものである。

刺激の重要性

学校の授業での教師の話を聞いて勉強をする子供。 しかし、これらの各子供の学習態度は、彼らの個性と同じくらい非常に異なっている。 いくつかの子供たちは、高い成績と認定、名誉を介して高いモチベーションを得る反面、いくつかの子供たちは、これはあまり関心を持たない。 自らモチベーションをする子供はそうでない子供は、重要なのは、これらのすべてのガイドと促し、動機が必要である点である。

学校に行くことを楽しむ子供たちのほとんどは、通常、良い成績を維持する傾向がある。 学校で学んだこと以上に宿題やその他の勉強に陥って自らの動機を付与することになる。 そして、残りの子供たちは、このような動機と無関心の間の中間にある。 そして、いくつかは、単に社会活動のための目的のために学校に来ることもある。 このような時、親として子供を助けるためにできることの一つは、子供が何を探求し、学習を面白いと感じるように教えることである。 たとえ子供がこのようなことに興味を持たないように見える場合、子供が直接経験したことにより、知識を拡張させてくれるのもいい。

また、子どもたちが簡単についてきて学ぶことができる、自分だけの独特の教授法を持っていることは、多くの助けになる。 これは子供の個性がすべて多様からで、これらを見つける心配や必要などがある違うから。 これ親は、子供の学習を促すための最も適切な方法を見つけることができなければならない。 これは子供が潜在能力を発揮するのにも肯定的な影響を与えるために、子どものユニークな能力や弱点、強みなどを把握して、子供に合った興味や関心を呼び起こすことができる動機方法がなければならない。

そして勉強の重要性を悟らせて与えるための方法を活用しなければならない。 この時の競争の価値を認識することができるように、これ妥当な学習意識を持った歴史上の人物や英雄、アイドル、有名人の例を聞くと、さらにいい。 これは、学習がどのよう楽しく、挑戦的な分野であるかのロールモデルを提供し、子供の興味誘発に役立つを与える。

親の勉強参加法

子供が学ぶこと怠惰な性向を示すならば、親が積極的に子供の教育に参加する方法を学び、これを適用していくことが有効である。 米国イリノイ大学の研究によると、親が子供の学業に参加して関与しているのは、子供が学ぶことに興味を持つようにする最も重要な要素の一つである。 いくつか紹介する。

1.質問を投げろ :子供が学校で学んだことを質問する習慣を持たなければならない。 子供と授業について討論するのは、子供が学校でどのような教訓を学んだ把握する良い方法になることができる。 また、親が回答を誘導することにより、子供は、自分が学んだことをよりおもしろく言いたい気持ちを持つようになることもある。

例えば蝶の一生について学んだならば、親は蝶の習性や寿命などに関する知識を拡張させてくれることができるよう展示や博物館に子供と一緒に訪問することができる。 あるいは歴史について学んだ場合は、その歴史をよく知ることができる関連の映画を一緒に見るだろう。

2.休憩を持て :勉強しながら休憩時間を持つことは、学習のバランスをよく維持させてくれることができる。 学業への圧力を一瞬解けて、ストレスは減り、物理的または心理的にマイナスの影響も少なく受けることになる。

3.学習経験を分けて下さい :子供に自分が学生時代に経験した学習経験について話をすることは、そのいくつかのクラスよりも重要である。 一度子供と会話する時間を持ちながら議論の雰囲気を導くことができて、自分の経験を話しながら、子供は親も自分と同じ時期を経たことを知ることになる。 これは子供が今経験していることが一人だけじゃない、すべての人が経る通常の経験であることを認識するようにし、勉強に起因する緊張感を軽減し、心理的なストレスの少ない受けるくれる。 また、親と子の間の絆はさらに強化される。

4.子供の頃から始めて下さい :学業というのは時期を問わず、いつでも重要である。 これ子供も子供の年齢に合ったオーダーメイドの学習ツールを活用して勉強と遊ぶことのバランスを保つことができるようにしてくれるとする。

正アドバイス

親はまた、子供の学習と学校という2つのターゲットが生活の中で肯定的な経験であることを強調しなければならない。 これは子供の宿題を手伝っながら積極的な態度を示すのに、子供​​がよりよく集中できるようにしてくれる。 宿題をすべて終えた後渡す賞賛も忘れるべきでない。 子供はその後、その後も安心して宿題を持って自然に親を探します。 肯定的に子供を導いてくれることができるいくつかのヒントを公開する。

1.結果について教える :どのような行動には必ず同等の結果が発生していることを思い出さなければならない。 子供が勉強を適時ていない場合、今後どのような影響を与えるかについて適切に伝えることができなければならない。

2.良い習慣々 :子供が毎日を活かし過ごす良い習慣を養うことができるよう支援することができなければならない。 一度宿題をもれなく習慣と家で、最小限の勉強時間などを計画して、これを実践できるようにすること。 親も子供に健康的なスナックや食品に十分な補償と快適さを提供してくれるならない。

3.強制しない :親が見逃してはならないことの一つは、勉強を強要してはならないということ。 このような状況では、子供は、さらに調査することを気にすることができ、むしろ拒否する側変わることができ、非常に危険である。 子供が自分のペースに合わせて学習を行うことができるよう、親は横で手伝ってくれることだけすればよい。 出版物は、親のせいにする最悪の結果をもたらすことができる。

4.モチベーション :子供を教え助けをマッチさせるには、常に前向きな姿勢を持たなければならない。 そして子供に関心と興味を誘発することができます動機を付与することが不可欠である。 いくつかの例を見てみよう。

– 地域博物館

– 毎回異なるテーマを論じて探索しながら、自然を散策する

– 毎週図書館を訪問し、子供の興味に合った本を読む

– 画像と話、作成などの時間を持って創造性引き出す

– 音楽や振り付けレッスン参加

5.身体活動奨励 :運動は、人の脳の機能を向上させる役割をする。 これ子供が宿題やその他の学業の難しさに経験したストレスを減らすのに役立つことができる。

6.学ぶべきことに集中する :社会を生きていく必要に気付いて知っておくべき内容につきましては、事前教え、子どもが善悪を判断できるようにしなければならない。 これは、学習現場で学ぶ知識や情報よりも、おそらくもっと重要することができる。

7.忍耐持つ :たとえ子供が親の好きのように応じて与えず、まだ緩慢無関心に見える場合でも、忍耐を持ってあきらめてはならない。 子供が学びの喜びを感じることができるように継続的に奨励するのが賢明である。 ただし、子供に問題があると判断される場合には、専門家や教師に会って相談を受けることが望ましい。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!