Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]動物と地球に分け書き込み、子供に教える生命尊重法

/
/
/
▲動物は人間が生まれながら死ぬまで一生を共に生存していく(出典=ピクサーベイ)

生まれて死ぬまで一生を人間のように生存していく動物たち。 インドマハトマ・ガンジーも前に国家の偉大さと道徳的進歩は、動物を接し方によって判断されることがあるとし、動物を尊重の先頭に立った。

動物の存在を尊重するためにあり、特に必要な技術はない。 世界を共有する存在として、お互いの繁栄を維持するための完璧なバランスと調和が行われるように努力することがすべてだ。

しかし、人間の貪欲と自我は一緒に生き残る必要が動植物を絶滅の危機にさらされ、最終的には生態系はバランスを失った場合、災害や災害を起こしている。 例えば、欧州の人口の約30〜60%の命を奪った14世紀のペストは、水分媒体であるミツバチの個体数が減っている現在も、人間の欲はむしろ化を歌って没落をもたらしている。

しかし、このような深刻な問題は、意外に小さな部分で、その解決策を見つけることができる。 これから後世を導いて行く子供たちに動物の東京と尊敬を持つように教えている。

目的志向のトレーニング

ただ動物保護団体に子供を連れて行ってあれこれ示して教えることは、根本的な教えになることがない。 話すか、または書き方を教えるように微妙だが強力な影響を与えることができるアプローチをしようとするのがよい。

子供たちは、本能的に、絶対柔らかくじっくり行動することができない。 したがって、動物や子供にすべてしてはならないように目的志向的な方法がなければならない。

1.動物をきれいにする方法を学ぶ

核心は、まさに「静かに」アクセスしなければならないというものである。 動物をスムーズに触れる方法、特に毛や羽の方向に動物を撫でる方法を学ぶことができるようしなければならない。 倍の目のように敏感な部分をマンジリョする場合には阻止して、代わりに動物が子供を身近に受け入れることができるよう、子供の匂いを嗅いよう放っておくのがよい。 この場合、動物は、相手を敵対的に見ない。

2.ペットの責任を育ててくれる

子供がペットをよくしてくれることを望む親であれば、おそらく動物を愛する博愛主義者である可能性が高い。 おそらく家の中には、2〜3匹のペットを飼っていることができる。 家の中でペットを飼う子供が動物と対話する機会がより多くなる。 これペットと関連付けられているマイナー用事や、特定の任務を与える子供は、自分がやるべきことの責任を感じるようになる。

▲布施を導いていく子供たちに動物を尊重するように教えることは重要である(出典=ピクサーベイ)

3.子供のペットのための行動を探る

犬や猫が尾を振る姿は幼い子供には十分好奇心が誘発されるに値する。 子供が近付いて尾をつかんで引っ張る前に、動物の尾は持つか握って取り扱うことができるものではないことを教えなければならない。 また、子どもの撫でたりきれい行動がやや積極的に映ることができており、必ずしも子供の行動を監督することが重要である。 もう一度言うが、キーは「静かに」接触するものである。

4.動物をいじめないように指導する

動物と遠く離れていて自信がついた子供が動物を驚かせて苦しめる行動をすることができる。 さらに石を投げたり、じっと見つめて怖い顔をすることもできる。 このような行動は、人間には楽しいことができますが、動物の立場では全く愉快なことではないことを知っているようにしなければならない。 いくら確かに従順な動物であっても、過度の不快感や恐怖心を感じたらかむ行動をすることができる。

5.動物のしぐさ(ボディランゲージ)を理解する

子供は動物がかわいいように遊んでたくても、実際に動物は逃げたり、簡単に近付かないことがあります。 しかし、継続的に入手する場合、動物は、窮地に追い込まれたと感じてしっとり音を出したり、轟音ゴリゲされる。 子供はこのような行動は、動物が現在気分がよくない自分の空間で過ごしたい意味ということを学ばなければならない。

6.生息地の尊重を教える

蝶を探し花畑に行ったりカエルを見るために池を見つけることは、動物だけでなく、彼らが住んで環境の世話と関連し、非常に大きな教訓になることがあります。 子供をこれにより、動物の生息地を破壊することが、地球を構成する素敵な生物を失う可能性があることを理解することができなければならない。

例えば、小さな食品の一つで、海に捨てられた小さなストロー一つが、その中に住んでいるカメや他の魚の体の中に入って死に至ることができるということを教えることができる。 これは動物の生息地の神聖さを維持するために、より良い機会を提供することができるということを思い出させることができる良い方法である。 子供が地球温暖化のような抽象的な環境問題の概念を理解していないとき、環境にやさしい行動を動物と編んで説明する助けになる。

▲重要なことは、子供ゲゲゲの動物をスムーズに接する方法を教えるものである(出典=ピクサーベイ)

7.むやみに動物を殺すように導く

動物を殺すことはない。 時折、予期せクモやトカゲなどの馴染みのない動物が家の中に入ることができる。 しかし、驚いてこれらを殺す代わりにファリーナ蚊のような虫が伝播する病気を予防するような動物が価値あることを悟らせてくれることがより望ましい。 家の中に入ってきた動物を周辺の人たちの助けを借りて、外部にエクスポートされる。

8.本と映画で動物と親しくなることができます

動物の尊重と思いやりをもたらすことができる教材や映像を見ると、ゴム的なストーリーに反し深い印象を受けることができる。 例えばファインディング・ニモや101匹のダルマチア人、ライオンキングなどは、動物への愛と尊敬、思いやりを呼び起こし教訓も与える価値のあるツールである。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!