Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]十代のロマン」運転」、親が教えることができる5つのステップの運転教習

/
/
/

18歳以上になると誰もが一度は挑戦する領域である運転免許証。 しかし、研究によると、十代の場合、運転免許試験に合格した後、約3ヶ月の間、自動車事故を起こす確率がなんと8倍高いという。 それだけ運転の安全意識が不在であることを意味する。 これ親は子供が十代の運転免許を受ける場合、まず、子供が安全な運転に対する認識を確立することができるように直接教えてくれるのが有効である。

親が子供の事故のない運転のために教えてくれることができる必要な技術を公開する。

十代の運転者のための必須の技術者

十代の子供に運転を教えながら、親が強調すべき事項は、次のとおりである。

車両部分

*バックミラー

*タイヤ膨張および検査

*シートベルトとエアバッグ

*燃料補給

*オイル点検

*車のクリーニング

基本的な作業の部分

*自動車の制御

*変速

*安全な回転

*バックアップ

*他のドライバーに信号を送る

*ブレーキ

*運転に集中する

他のドライバーとの相互作用

*車線変更

*交差点走行

*安全な走行距離を維持

*防衛運転技術

* Uターン

* 3点方向転換

駐車場

* 90度駐車場

*正方形駐車場

*縦列駐車

高度な技術

*高速道路走行

*夜間運転

・目や雨の天気での走行

*牽引

緊急対応

*事故発生比

*パンクしたタイヤの交換

*強風の中の走行

*送電線落下周辺走行

運転学習の5段階

上記の必須の技術の教育が行われたら、今良い運転技術を開発することができなければならない。 各段階では、次のステップに移動する前に、学んだ技術を上手に行うことができる方法を教えてくれるようにして上達を点検するのが良い。 しかし、この過程で横からの負担を与えたり、圧力を加えながら教えてはならない。

ステップ1:車両情報

ステップ1は、車両の動作と運転手が知っておくべき車両情報の一般的な事項を教えなければならが、実習とマニュアルを使用して教育することが有効である。

*エンジン始動と停止法

*ヘッドライトと駐車場の照明操作法

*ワイパー操作方法

*ダッシュボードの様々なランプのためのもの

*シートベルト固定法

*車の燃料の供給とオオル点検、タイヤ膨張させる方法

*パンクしたタイヤの交換法

*事故発生時の対処法

ステップ2:基本技術

2段階は、車両の操作について教えたことで、広々とした空の駐車場で教育するのが最も良い。

*シグナリングをはじめ左右に方向転換する

*スムーズ停車する

*手動変速機を使用するときの変速

*安全まっすぐ後進する

*周辺環境への意識持つ

ステップ3:他のドライバーとの相互作用および注意

この段階では、防御運転法と他のドライバーとの相互作用にポイントを置いて教えなければならが、例えば駐車された車と歩行者や周辺環境を認識し、他のドライバーとの相互作用を適切に行うことができるよう教育することである。 子供がこの段階でどの程度リラックスして自信を持って運転をするようになれば、他の道路移動範囲を拡張するのが良い。

*信号および制御されていない交差点での安全な走行とナビゲーション

*柔らかく安全車両を変更する

*車両の間の安全な距離を維持

*正しい姿勢で運転する

*速度制限交通標識準拠

*鉄道交差点安全渡る

*バックミラーを活用し、死角確認

ステップ4:駐車場と回転

4つのステップは、駐車場が重要である。 駐車場のスタイルはそれぞれ異なりますので、子供がわずかでも、他の車とぶつからないように安全に駐車できるように教えなければならない。

*丘と上りあるいは下り坂で安全に駐車する

*縦列駐車

* 90度駐車スペースを確保する

*斜め駐車

* Uターン

* 3点方向転換

ステップ5:高度な技術

最後のステップは、最初の4つのステップで学んだすべてのことをきちんと活用する段階だ。 親のコントロールの下で子供が安全に、自分が学んだことを着々と実行することができなければならない。

*車線変更や車両維持距離などの高速道路安全走行に必要な技術の習得

*夜間運転

・目や氷、雨など悪天候の天気で安全に運転する

▲運転をしながら持つべき責任についても教えることができなければならない(出典=フリーストックポトス)

運転の責任教育

運転を教える間、親は子供に運転するとき家庭なければならない責任について無数強調しなければならない。 特に注目すべき事項を次のとおりである。

*車両の整備、運転する前に、車両のエンジンとタイヤをチェックして、緊急事態では、警告のサインを送るようにする。

*乗客の安全:常にシートベルトを着用しするようにして、その他の安全事項について注意する。

*歩行者の安全:学校や住宅エリア、歩行者専用のラインでは、ゆっくりと走行してクラクションをなるべく使用しないようにする。

*交通法に準拠:道路のルールを遵守して実施する。

*運転注意:運転中のスマートフォンを使用せずに加えて、運転の妨げになる行為はしない。

*財政責任:運転コストと燃料値、保険などの車両を所有し、運転をする際に消費しなければなら財政規模についての認識を持つ。

*他のドライバーの責任:他のドライバーとの相互作用の際には、例を守り、事故発生時どのように対処するかに備えるようにする。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!