Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]厳しい食習慣の子供は、どのよう指導すべきか?

/
/
/

自分の子供がすべての食品を選ばず均一にモクギル願う心はすべての親の風であるが、子供たちは時折厳しい食性を見せ、特定の食品に強い拒否反応を示すこともある。 これはまだ幼い子供たちがより多くの食料を味わうことができる十分な経験をしていなかったので、苦味や酸味が少しでも加味たなら、これを耐えにくくするためでもある。 しかし、専門家は、甘い味を添加した苦味と酸味が十分に子供たちが食べることができるとジョンオンする。

これと関連し、親が子供の食習慣を改善することができる方法を紹介する。

親の役割モデル

子供は時折頑固で頑固な姿を見せながらも、親の言葉を聞いて、これを模倣する傾向が強い。 親は、このような点を活用して子供に良い役割モデルになることができなければならない。 例えば、子供が食べ物をまんべんなく食べないし脅す上げわめくことは禁物である。 児童栄養学者マンディサチョは子供に体の中にある食べ物の利点を実現しながら、積極的に会話を交わすことがいいと助言した。 これは子供が自分で良い食べ物を体に持って行くように動機するのに役立つ。

グルメブログのフード52の記事によると、親が子供ああファムケ食料品の買い物に行くのは、子供の食習慣の改善に大きな影響を与えることができる。 子供と一緒にマートでカートをモルミョ直接必要な材料や食品、すなわち、果物や野菜を入れるようにすれば、これは良い経験に認知され、子供に肯定的な効果をもたらすことができる。 ショッピングをしながら、各材料の重要性について子供に説明してくれるのもいい。

親は同時に子供の食習慣がうるさいと思うのではなく、子供の前で直接料理を楽しんで味わう行動を示すことによって、強い刺激をすることができなければならない。 また、食事の時間の中で、健康に有害であることができる、不適切な会話や議論をすることは、子供にストレスを与えることができ、非常に悪い。 これは子供に食事の時間が悪夢のようだ認識を与えることができ、望ましくない。

子供の観察

子供の食習慣を常にモニターしながら注意深く観察することは、親として重大な責任であり義務だ。 この時、子供の食習慣が真剣にうるさい判断であれば、最初に小児や医師やその他の専門家と相談して、子供に何が必要か解決することができなければならない。 子供の身長と体重を測定可能な成長図を活用して、医師に十分な情報を与えることができなければならない。 成長図は子供の年齢に合った標準基準値と比較して、子供の栄養状態を調べることができ、有効である。

他にも子供の食品の選択パターンを追跡し、これを改善することができるようにしなければならない。 あまりにも多くのお菓子やスタックを食べるなら、このような習慣を避けることができるよう、他の新しい食べ物を紹介しながら、子供が新しい食べ物に親しみなるように励ます姿勢が必要である。 また、食事の時間の間に、TVやスマートフォン、タブレットなどの食事を妨害することができるデジタル機器の使用を制限することができなければならない。 これサクサ時間の気晴らしであることを防止して食品に集中しながら摂取することができるよう助けることができる。

それにもかかわら、子どもがファーストフードなど、体に良くない食べ物を食べたくならないと、家で直接他の栄養価の高い材料で作ってくれるのが、はるかに良い。 子供と一緒に直接料理をして子供を食事の準備に参加させることも食べ物への興味を高めることができるだけでなく、親と子の間の絆の強化に積極的な影響を与える。

肯定確信

これらのすべての努力で今の子供が親が推奨する食品を食べ始めながら食習慣がどの程度補正し始めた場合、肯定的な確信に完璧な解決を模索するのが良い。 子供は親が自分を誇りに思っていることを望んで好きなので、子どもの食習慣の改善についての肯定的な影響を与えることができる賞賛と激励を惜しんではならない。

また、子供が親が推奨された食糧を全部残しなく食べたら少しの補償を加えて、子供の良い行動を促進させることができる。 例えば自家製の甘いデザートやスムージーなどで、子どもは、このような補償を受けた後は、自分が正しい行動をしたことを認識し、次回も親を満足させるために努力することになる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!