Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]双子の悪い犬にする「双子拡大症候群」は、どのように対処するか?

/
/
/

育児は誇らしいことだが、その分、疲れて大変なことでもある。 子供が1つしかあっても気にすることは終わりがない。 泣いて叫んで食べ物不平まで、さらに夜中にも悩みをつかうことができる。

ところが、双子だと? 双子は子供が悩みがあれば、他の子供たちがこれをフォローして、より大きな悩みを引き起こす双子拡大症候群(twin escalation syndrome)を起こしたりする。 この場合、まるでハリケーンが家の中を席巻し過ぎたような姿を見ることもできる。

もし家庭に双子の子供がいる場合は、子供たちがあまりにも活発で退治速度が語上げる速度をできないついていけ状況であれば、この記事を読んでみるのがよい。

双子拡大症候群とは?

双子拡大症候群(TES)は、双子や三つ子の間で発生することにより、子供が他の子供の行動を「沿って」、続いて、お互いの行動を「上回るしようとする「行動問題を指す。 これは双子あるいは三つ子がお互いを勝とうとする自然な競争心理に起因するものである。

たとえば、子供が食事の時間に音を上げた場合、他の子供が親の注意を引くために、より大きな声で声をあげるだろう。 このような本能的な行動は、大人まで続き、スポーツや学業の分野で互いに競争をすることになる。

しかし、すべての双子がこのような行動特性を見てはいない。 双子や兄弟の間で子供がいたずら行為をすれば、お互いに加担して、より大きな悩みを張る代わりに沈黙を守る子供もいる。

▲双子は一緒にいるほど、お互いを獲得しようとする傾向がある(出典= Flickrの)

双子拡大症候群の対処法

何よりも重要なのは、双子がTESの兆しを示すとき、親は子供が自分の裾を引っ張ったり、頭を引いても慌てず、沈黙を維持する方法を学ぶ必要である。 平常心を維持するようになれば、状況を適切に管理することができ、TESに関連するストレスに対処するために効果がある。

親が双子拡大症候群に対処するための効果的ないくつかの方法があります。

1.子供を引き離しおこう。 双子は並んで着席させて置いたときに、お互いの行動を認識するようになって問題を誘発する可能性がある。 このようにTESが発生する状況では、子供たちを分離させて、お互いの行動に反応することができない場所に各自べきである。 そして子供たちがいたずら行動をする際にも、この方法を使用して、ホンネルことができる。

2.注意を分散させる。 子供を分離させることは、混乱が拡大される効果がないことがありますが、子供たちがいたずら行為を示すときに注意を分散させる方法を使用することができる。 子供が幼児期の場合、おもちゃを与えたり、子供たちが楽しむことができる活動を通じて子供の注意を分身させることができる。 そしてそれよりは年を取った子供たちには双子と離すために、簡単な家事をさせることができる。

3.競争を減らそう。 双子は本能的に、互いに競合する心理を持っているのでTESが誘発される。 したがって、家庭での競争構図を減らすと、子供のいたずら行為を減らすことができ、家庭に平和を維持することができる。 このため、親は子供たちがそれぞれのアイデンティティを構築することができるように子供一人一人との時間を過ごさなければならない。 そして子供それぞれの違いや能力を理解し、嫉妬と不必要な競争を避けるために、お互いを比較してはならない。

▲双子拡大症候群に対処することができている様々な方法がある(出典=マックスピクセル)

4.優しい行動を賞賛する。 子供が神経過敏の症状を見せたり、イライラをふるったならば、親は悪い行動を見せる子供に関心を示す傾向がある。 しかし、TESが発生時には優しい行動を見せる子供に関心を示すことがより効果的である。 この方法は、子供たちに優しい行動を注入するために効果がある。

5.子供をそれぞれ魂なければならない。 双子がいたずら行動をしている子供を魂なければならない状況が生じた場合は、子供たちは個別に魂なければならない。 子供たちは、それぞれの気質が違うので、子供たちに合ったスーツを下さなければならない。 たとえば、子供の一つは、スマートフォンの使用を好み、他の子供たちは、TVを見ることが好きなら、二人の子供の両方にスマートフォンを使用しないという罰を下すときに子供には何の影響も及ぼさないからである。

6.子供と個別に貴重な時間を過ごさなければならない。 子供たちは、同じ愛と関心を受けていることを知るべきである。 したがって、親は子供に個別に同じ時間を過ごさなければならない。 この方法を使用すると、子供たちは、親の関心を受けるために悪い行動に依存する必要がないことを知ることになる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!