Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]向上心と目標意識の原動力「競争」…子どもに適切な競争心理を教えするには?

/
/
/

競争は、子供たちが勝利や敗北の価値を学び、自分の能力に自信を高めることができる最高の方法のうちの一つだ。 勝利した場合、自分がやっていることで最高になることができるという信念を確立してくれることができ、敗北も謙虚と忍耐、決意の価値を学ぶことができる。

親はこれ子供が建設的な競争上の勝利と敗北の重要性を知って、貴重な経験に受け入れることができるように教えなければならない。

子供の健全な競争

ほとんどの親は、子供の靭性と態度を重要視思う。 これ子供が自分を気兼ねなく誇ることについて傲慢で生意気だという認識が生じることを懸念するものだ。 これ競争心リナ競争的な活動をやや慎重に対処する。 一方、一部の親は、子供が競争の中で地面ピアよりも遅れなると思ったりもする。

専門家は、しかし、親が子供の競争に特別な意味を付与していない、子供がこれらの活動を楽しんで、その分野で最高ように助けてくれることが重要であると助言する。

メンフィス大学のアンプドリュー・マイヤーズ心理学の教授は、競争は子供に良くも、あるいは悪くもないと言っており、児童心理学者デビッド・ンレク博士は、親の役割は、子供が健康的な態度で競争できるように導くと述べた。 ただし、子供は競争の結果を受け入れるのにまだ成熟した位置にいない場合は、競争を激化させることができる状況では、子供の使いこなせる賢明な子育てが必要である。

正しい姿勢を育てる

子供の性向は非常に多様である。 他の子供よりもはるかに競争的な態度を見せる子供がいると、一度競争で敗北すると、再びゲームやスポーツなどの競争活動を楽しまない参加自体もしていない子供たちもいる。 また、自分の感じる劣等感を同年代の友人にさびしで解く子供もおり、家庭で親の過剰な愛で自分が最高だと思っている子供たちもいる。

この点で、専門家は、子供たちが競争の中で感じる不安や敗北感に親の役割を強調した。 子供たちが表現するような否定的なものについては、親が複数確信を思い起こさせてくれる子供だけが最高という認識を植えつけることは望ましくないということ。

心理学者であるスーザンイングルは、親がそのように表現したとしても、子どもたちは自分が何なのか、非常によくないと感じないと述べた。 親が他の人を比較して、犠牲まで自分の子供を慰める方法は間違っていた説明だ。 むしろ親は子どもの様々な強みや個性などを認識させ、競争の結果にかかわらず、愛されることができる子供という確信を与える方式をとるのが良い。

親が他の子供よりも、自分の子供を掲げ立てる目的で比較する方法を選択すれば、これは子供がますます自分と同年代を比較することに慣れることができる。 これ親はうぬぼれたり、友人に自分の長所を騒ぎ立てるのは、相手の感情を傷つけする要因であることを教えなければならない。

つまり、親がならない最も重要なことは、子供や他の人を比較する行為だ。 ひたすら子供の達成や達成など業績のみに焦点を当てて教え、良いロールモデルになることが必要である。

競争の利点

一部の親は、競争ということ自体が子供に不必要なストレスを与えることができると思ったりもする。 子供が競争の中で地面自分自身を失望して自信を持って低くなることがあるという話だ。

しかし、子供の専門家は、健全な競争は、子供たちにとって素晴らしく驚異的なものになることができると言う。 後で大人になって自分の目的を達成することができるように重要な技術を開発するのに役立つということである。

件心理学サービスの代表ティモシー件は、競争は自分の仕事を熱心に、着実に人が生活の中で成功することができるという教えを与える動機になると助言した。 小学校の教師であるロンダクロスからがやはり競争はパートナーを通じてチームワークの価値を学ぶにも理想的な活動ができると述べた。

これ建設的な競争は、親が積極的に推奨することが必要である。 健全な競争に参加する子供たちは、勝利と敗北を謙虚に受け入れるばかりか、新しい技術も習得することができ、より多くの心理的、物理的な利点を得ることができるからである。 しかし、健康でない競争はむしろ不安や睡眠障害、食用喪失、抵抗感などを呼んで否定的な影響を与えるので、親は正しい判断で子供をよく導くことができなければならない。

また、敗北や勝利に関係なく、子供たちは競争での利点と利点を見ることができるように教えることも重要である。 件博士は親は子供が挑戦を通じて勇気を出せるように手助けして、子供が最善を尽くした上敗北しても良い経験になることがあることをイルケ与えることができなければならないと述べた。 最終的には競争の中での最大のライバルは、まさに自分自身であることを教えなければならないというものである。

過度の競争心は禁物

しかし、勝利に陶酔して、自分自身を自慢に思って過度に競争心を持つことはよくない。 もちろん子供の自己自慢は、自分が持っているすべてのことを示してたい非常に自然な現象ではある。

しかし、親が見たときに子供があまりにも競争と判断された場合、いつかは敗北し落伍することができるという点も悟らせなければならない。 過度の競争心により子供の誇りが線を超える場合には、対人関係に害を与え、相手が傷を受けるドェギため、最終的に勝者になることがないということ。

親は子供の能力を高く評価して、子供がいつも最善を尽くしできるように奨励することが重要である。 それ自体がまさに成就であり、勝利と実現してくれるのだが、あまりにも過度な競争心理と自慢はむしろ敗北に導くことができるということを明らかにしなければならない。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!