Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]地球に欠かせないミツバチのすべて

/
/
/
写真出処:ピクサーベイ

忙しい蜂の世界

ミツバチは、水分と蜜の生産に重要な役割をする昆虫である。 植物に欠かせない水分媒介の役割をする。 ミツバチは、蜜を生産甘く、栄養豊富な美容製品も多く生産されている。

ミツバチはミツバチ上科に含まれているアリとハチの密接な関係がある翼の昆虫の世界には約2万種に達し、南極大陸を除いて、植物や花が盛んれるすべての大陸で発見される。

蜂組織

ミツバチは働きバチ、スボル、女王蜂に構成された高度の植民地を組織して生活していることが分かった。

働きバチは巣の清潔を担当して花粉や蜜を収集し、組織全体に食べ物に供給して、子供の蜂を世話することもある。

働きバチが集めるほとんどの花粉は、タンパク質と他の栄養素として使用され、幼虫の餌としても使われる。 蜂蜜は働きバチのエネルギー源となる。 スボルの場合も、雄に構成されており、卵を産む女王蜂と交尾をすることを主に担当する。

一方、ミツバチの嗅覚は花を見つけて花粉を収集するためにあり、とても重要な役割を果たしている。

花粉がミツバチの餌になることもが飛行を介して花粉を落とし、水分である。 このため、蜂蜜の水分は、生態系、環境に非常に重要であり、植物とミツバチの間の関係を共生(symbiosis)と呼ぶ。

蜂蜜を生産するミツバチは、その種類に応じてサイズが非常に多様である。 長さは、2㎜で39㎜の間のメガチリのプルートが世界に存在している蜂の中で最もサイズが大きく、最もサイズが小さい種はペルディータミニたびに。

ミツバチは、色も様々である。 黄色が一般​​や黒、茶色、赤が混合された場合もあり、青のストライプを持った種ある。 興味深い点は、ミツバチは赤の色を見ることができないという点である。

蜂の種類

よく知られているハチの種では、蜂、熊蜂、クマバチ、殺人蜂などがある。 ミツバチは全世界的に発見され、ハニカムに保存した蜂蜜と花粉で蜂蜜を生産することが分かった。

ミツバチは社会昆虫に彼らの植民地組織が長期間生き残ることができる理由は、蜂を食べ、冬を過ごすためである。

ミツバチは、米国内だけで100種以上の植物を水分させるので、農業にも有用な昆虫である。 蜂の羽は、毎分1万1000回のフラップなので、近づくとハム音を聞くことができる。 ミツバチは唾を一度だけ使用することができますので、唾液が腹部にくっついてミツバチが唾を撮影飛ぶとき、腹部の一部が裂けて死ぬ。

熊蜂また生態系の環境に役立つ昆虫として知られている。 蜂のように作物や植物を水分、大きな群れをなして生活する社会的昆虫である。 しかし、ミツバチとは異なり、唾を撮影も死なない。 熊蜂のソイル場合、その痛みが非常に大きいこともよく知られた事実である。

熊蜂は、主に地面に入り込まだけ中二階や屋根の軒も熊蜂家が発見される。 熊蜂はまた、侵入者に対して積極的に防御する傾向がある。

クマバチは英語で大工蜂(Carpenter bees)と呼ばれる。 このような名前がつけられた理由は、クマバチが木を貫通することができる能力を持っているからである。

クマバチは脆い木に卵を産んで、そこから子供スーツを育てる。 このスーツは、ミツバチや熊蜂とは異なり、社会的昆虫とは見なされませんが、植物を水分するため、環境に有益な昆虫とされる。

また、他のよく知られている蜂の種類と殺人蜂いる。 アフリカの殺人蜂とも呼ばれており、見た目はミツバチと似ている。 殺人蜂と呼ば長いが、毒はミツバチより危険ではない。

しかし、殺人犯は、大きな群れをなして攻撃するだけでなく、敵遠くまで追いかけて攻撃する傾向がある。 蜂のように殺人蜂も唾液は一度だけ使用することができる。

殺人蜂に会った場合、それらを刺激せずにジグザグパターンで走って家や車などの内部に避けたほうがいい。

殺人蜂最後まで待って敵を追い出す習性がある。 したがって、水アンウロヌン入らない方がいい。

写真出処:ピクサーベイ

私たちが一般的に知られている事実と違って、唾液は、雌蜂だけ撮影することができ、ミツバチの唾液は、雌の産卵管と呼ばれる生殖器官の一部である。

女王蜂また、産卵管を持っている。 しかし、雌蜂と女王蜂の唯一の違いは、ミツバチは卵を産まないという点である。 ミツバチは自分の毒を自分の産卵管に付いているポケットに保管している。

統計によると、米国で記録された約100人の死者がミツバチの唾液によって死亡したと伝えられた。 専門家は、一般的な成人の場合、1000回以上の毒を耐えることができますが、幼児や子供は毒がアレルギーを誘発して、生命に支障を与えることができると言う。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!