Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]増加する子供の肥満、親の適切な教育法

/
/
/
▲ソース=ピクサーベイ

年末が近づくと、クリスマスを含む多くの集まりやパーティーが子供を待っている。 しかし、おいしい料理にはまって、すべて食べてしまったら、やや肥満に発展さ健康を害することができる。

子供の肥満を予防するための管理法について調べてみよう。

健康的な食習慣が重要

子供の肥満を予防するために健康的な食事は、最も重要である。

肥満専門誌「ランセット(Lancet)」は、200以上の国で行われた肥満傾向の研究結果、過去40年間、子供たちと十代の若者の肥満がなんと10倍も増加したと発表した。

成人のように肥満は子供たちにも大きな健康リスクをもたらす。 例えば、心臓病や腎不全を誘発する2型糖尿病が発生する可能性のあるもの。 特に、自分が本人の食習慣を調整していないと感じたときに不安が生じて自尊心も喪失するなど、心理的な影響も無視できない。

幼年時代の肥満は、高コレステロールや高血圧などの心臓病のより多くのリスクの原因を取得ほど真剣に考えなければならない。

小児肥満が精神的健康に及ぼす影響

米国疾病管理予防センター(CDC)は、2型糖尿病の他にも、喘息や、睡眠無呼吸、骨および関節などの慢性疾患のリスクを高めると警告した。

また、異常な体重に同じ年頃にいじめや嫌がらせを受けながら心理的な苦痛にさらされることができると付け加えた。 ひどくなると、うつ病や社会的孤立感も感じることがあり、これは大人になるまで継続することができる。 さらに、肥満が大人になるまで継続されることがあり、生涯身体的、精神的健康の問題が発生することができる。

調査によると、安価なファーストフード、スナック等の高脂肪食がたくさん販売され、肥満が徐々に増加してきた。 このような環境では、親は子供の食習慣や食品に対する態度において正しい価値観を持つことができるように教育しなければならない。

子供に健康的な食習慣を教える方法

臨床心理学者リンダブレア(Linda Blair)が公開した、親が子供に教えることができるいくつかの食習慣のヒントを紹介する。

ブレア博士は、最初に「親が子供のよい例がなければならない」と述べた。 食べ方を教えることよりも、適切に食べる法を知らせることを示すことが重要である。 子供たちが直接親がどのような食べ物を選んでいくつかの食習慣を持つのかを示すことは、最も効果的なトレーニングになる。 このため、子供と一緒に食事するために努力しなければならない。

食べ物と体重について話をする方式も重要である。 食べ物を食べることについて否定的な面ではなく、肯定的な特性について話しながら食事自体を「喜びとエネルギーの源」で見ることができるようする必要がありということだ。

のようにショッピングしながらつけて塩辛い食べ物ではなく、新鮮な果物や野菜、穀物などに関心を持つようにすることも効果的な教育方法である。 特に食品に付いているラベルを確認しながら、食品の主材料を見るのもいい。 通常の成分が多く記載されているほど、党や添加物がたくさん混ざっている。 ショッピングをした後に家で一緒に調理することができている場合子供たちに健康的な食事を作る方法を視覚的に示すことができて、さらにいい。

最後に、食事の時間には、他のものに焦点を当てないように教えなければならない。 スマートフォンやTVを見ることはなく、会話をしながら料理の味を感じられるようにしてやろう。 良い食べ物を大切に思っても、親との時間を有意義に考えることを学ぶことができる。

米国心臓協会(AHA)が親のために提示したいくつかのアドバイスもある。

まず、適切な量の健康食品を子供たちに与えて良い食習慣を維持できるようにし、大量の水を飲むように奨励することができなければならない。 子供たちが好きな食べ物もレシピをほんの少しだけ変えて健康食品として誕生することができるようなら、より良い。 しかし、カロリーが多くの食品は避けるべきである。

身体活動の有益さも、子供たちが学ぶことができるようにしなければならない。 運動や他の身体活動は、血圧を下げ、骨を強化させながら、全体的な体重管理をすることができるようにしてくれる。 同時にストレスと不安も緩和させてくれるだけでなく、自尊心も高めてくれる。 AHAは、少なくとも60分間、通常レベルの身体活動を週することを推奨するが、一日のスケジュールに運動を含めて毎日行うことができれば最善の方法になる。

子どもたちは、甘くて、刺激的なお菓子やファーストフードが好きものだ。 野菜を食べると不平を張る子供の健康のために、親の積極的な努力が必要である。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!