Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]大人の会話妨害する子供、効果的なしつけ法は?

/
/
/

子供を育てる家庭で静かな休息を期待するなら、子供が眠っているときを待っていることが最善である。 特に子供は休む暇もなく言う傾向がある。 重要な仕事な通貨を妨害したり、言う間に割り込みが常だ。 子供たちは騒がしいのが当然だが落ち着いて礼儀正しく会話するように教える必要がある。

子供たちは、なぜ大人の妨害か

健康関連ニュースレターヘルスデー(Health Day)によると、子供は3〜4歳になるまでは、親を含めて、世界のすべての人や物が自分のために存在すると信じている。 また、この時期の幼児は、短期記憶が正常に発達していないと思う私はことをその場ですぐに言ってしまう傾向がある。 待っては言葉しようことを忘れてしまうからだ。

また、この時期の子供は、親が時々自分以外の日に完売しなければならないということを完全に理解していない。 他の人との会話も同じだ。 ヘルスデーは子供たちのこのような衝動的な行動は、短期記憶の発達に応じて、徐々に消えた。

子供たちは成長しすぐ思いついたことを覚えておいて、他の人の話が終わると言及する方法を学ぶ。

大人の会話や活動を妨害する子供の行動は、時にはイライラらしく、これを我慢できずに子供に声をあげる親もいる。 しかし、子供たちのこのような習慣は、校正が可能である。 親が子供の行動について知っておくべき重要な事実の一つは、子どもたちもわざわざ親を混乱させるために、このような行動をすることはないということ。 したがって、患者である。 子供を養うみると、子供が誤っや過ちを犯したことに対して怒りや過激な反応を見せることがある。 しかし、成人の親がキレ化を出しては困難である。

▲耳をふさいでいる子供(出典=ウィキメディア・コモンズ)

子供たちに邪魔しないように教える

子供に望むバー、事前に話したり、なぜ親を妨げてはならないかを説明しなければならない。

健康とウェルネスの情報ウェブサイト「ベリーウェルファミリー」によると、子供たちに、なぜ大人の妨げてはならないかどうか、その理由を説明するのは、親のことである。 たとえ説明を数回繰り返してなければならないとしてもだ。 妨害を受けると、やるべきことができないことになると説明してあげよう。 それにも継続して妨害をするなら、このような収録仕事を終らせる時間が長くなって、最終的には子供が見てもらう、あるいは入ってほしいと要請しことを聞いてくれることができる時間も遅延されるほかないことを周知させなければならない。

子供の妨害を無視するのも方法である。 最初は容易ではないことができる。 また、無視をすると、より大きな声で注意を必要とする子供たちもいる。 しかし、このような態度を繰り返し示せば、最終的には子供も大人にすることを途中で中断してはなら自分が望む関心を得ないということを理解する。

タイマーを使用する方法もある。 ベリーウェルファミリータイマーを使用して、子供との約束を定める方法を勧告する。 タイマーに時間を合わせておいて、アラームが鳴るまでは、緊急事態でない限りママパパを邪魔しないことを約束すること。 その時にTVを見たり人形遊び、本を読むなど、子供が没入するほどの距離を提供してくれることもあります。

家族の生活には、いくつかのルールがあるという事実を、上記し、対話を通じて子供をしつけることができる。 効果的なしつけ法を見てみましょう。

1.子供が邪魔しようとする気配が見えるときすぐに制止

子供が親の言葉や仕事を妨害しようとする気配が見えたらその瞬間言葉を切って、今では助けることができないと明らかに言わなければならない。 また、今している仕事が終わるその時助けてくれると通知しなければならない。

2.礼儀正しい会話の模範示す

モダンライフスタイルブランド「マドルリーは、何よりも親が礼儀正しいコミュニケーションの模範を示すことが重要であると言う。 子供は親から見て学んだことを、かなりの年齢まで持っていく。 例えば子供にすぐにおもちゃを片付けと命令して、それに服従することを期待するよりも、遊びの時間がほぼ終了していくあらかじめ話してくれる方が子供を尊重する法である。 また、子供たちが話をしたり、自分の考えを言うとき指摘や上などをするために、中間の言葉を壊す行動も慎まなければならない。

3.手のジェスチャーや二人だけの秘密信号作成に使用

子供は、あなたがすることを妨げるしようとしたときに、子供の手を軽く握ってみよう。 子供に何かを言いたいということを知っているが、今すぐそこに耳を傾けて与えることができないというメッセージを送ること。 マドルリーは「ちょっと待って」と「時間がかかるとき」に適用することが二つの信号を提供する。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!