Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]天文学者たちイオで巨大な溶岩の波検出

/
/
/

木星で4番目に大きな衛星イオは火山活動が活発である。 最近イオからの溶岩の活動も活発であることが明らかになった。

木星と他の衛星の重力場の間に閉じ込められているイオは、これらの重力場が引き力が地殻の下に摩擦によって引き起こされる熱を発生させて熱く熱している。

溶岩は高頻度で表面上に湧き上がって、これにより、数百個の火山と溶岩湖イオの表面に作られた。

米国と欧州の科学者からなるチームは、ヨーロッパとイオの間の稀に存在する軌道の配列を利用して、溶岩の波がイオのロッキー猫科表面を横切って流れることを識別して追跡した。

8,300平方マイルの大きさのロッキー猫科はオンタリオ湖よりも大きなサイズを持っているイオの溶岩湖である。

科学者たちは、5月11日ネイチャー誌で2015年3月8日ヨーロッパがイオの前を通って行った説明した。

科学者たちはアリゾナ州山に位置する大型双眼望遠鏡天文台の8.4mサイズ双子鏡を利用して、ヨーロッパのイオを覆う日食を観察した。

この天文台は、日食が起きた時に硫黄から出る赤外線を捕捉した。 赤外線測定は、イオの表面の火山から出る熱気を測定するためだった。

科学者たちが発見したのは、ロキ猫科の表面温度が一側、他側にゆっくりと、しかし着実に増加したという点である。

溶岩の波は、地球の海でのようにように助手と風によって形成された波ではない。 溶岩湖の表面で一部が冷め堅く堅くなると、固い部分は徐々に厚くなって周辺より密度が高くなり、湖の下におさまる。

沈んだ表面が占めていたスペースを埋め立て周辺にいた溶岩が流れてきて作られた波が湖前の部分を航行広がると科学者たちは説明した。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!